在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
6

シベリウスが懐かしい理由

母と私の「2人バイオリン」で、2度目のコンサートに参加してきた。
このあいだと同じオケで同じ曲を弾くのだけれど。
舞台が大きい。
キャパ1000人近いホールで行われた。

客席が埋まっているのをみるとちょっと緊張したけれど、慣れ親しんだシベリウスを弾くのもこれが最後だ。
前回と同じように完璧な演奏をするまでだと私は思った。
…が、母が何を思ったのかはちょっと分からない。
脳みその調子が今ひとつだったんだろう。
指揮者が登壇したとたん、母は弓をその場に置いてしまった。
おかーさん!
なにしてるの!
弓持って、弓!
 「え?」
今この瞬間にもタクトが振り下ろされようとしているのに、母はぜんぜんわかっていない様子。
 「早く弓持ってー!」
バイオリンを母の顎に押し込む。
指揮者の先生は私たちが体勢を整えるまで待ってくれた。

冷や汗をかいたが演奏はなんとかなった。
たいしたミスもしなかった。
母は大きく弓を弾き、大きなホールに私たちの『祝祭アンダンテ』はよく響いた。
本当にきれいな曲だと、また思った。

バイオリン
(母が片手で音合わせできるようにアジャスターをつけ、私が横から弦を押さえる目安にシールを貼った)

初めてこの曲を聴いたとき、初めてなのに「懐かしい」と感じた。
日本ではマイナーな曲なのに「よく知ってる」と感じた。
 「そうだ、この曲だ」
と。
デ・ジャ・ブというのかな。
ひとめぼれ、かな。
この曲でなかったら、私はこんなにも2人バイオリンに力を入れなかっただろう。

どうしてこの曲がこんなに懐かしいのか。
わからないけれど。
ちょっと想像したことがある。

2人バイオリンはもともとリハビリとして始めた。
でも2人で1台のバイオリンを弾くことは、普段の介護や介助とはまったく違う。
母が右手で、私が左手。
ただそれだけの関係。
対等の関係だ。

排せつ介助をすれば母は
 「汚いことさせてごめんね」
と謝るし、食事介助をすれば
 「ありがとう」
といってくれる。
それは介助者として助かることだ。
でも、2人バイオリンにはそういうのはいらないんだ。
ありがとうも、ごめんねも、いらない。
右手と左手の関係だから。
対等だからだ。
この3年間、私と母はいつも一緒にくっつくようにして暮らしてきたけれど、こんなにも密接に、こんなにも対等に、何かをしたのは初めてだと気がついた。
そしてそれは、とてつもなく幸せなことだということにも。

だが幸せな日々はいつかは終わる。
いつか介護がしんどくなったとき、そして介護が終わるとき、私はきっと思い出すだろう。
ウィーンの思い出と共に、シベリウスの『祝祭アンダンテ』をきっと思い出すだろう。
あの頃は楽しかったね。
幸せだったね。
そういって微笑みながら思い返す瞬間こそが今なのだ。

だから、想像しちゃったんだ。
この曲に胸が熱くなるほどの懐かしさを覚え、同時にせつなさを感じるのは、未来の私と母が聴いているせいかもしれないと。
今日の演奏に遠くから耳を澄ませているのかもしれないと。
どんなに悲しくても、いつか必ず、そういう日がくるのだから。

そう思って今日も精一杯、シベリウスを弾き終えた。

幸せな私たちに激励の1クリックをお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

本日の猫写真。

必死

おもちゃに必死すぎて立ち上がるシシィ。
相変わらず、毎朝私の頭をかじって起こしてくれます…。


スポンサードリンク

6

明石海峡大橋でタコ焼きを

今日は両親の結婚記念日だ。
せっかくだから、遊びに連れていってあげよう。
どこ行きたい?
 「USJ!」
…ごめん、却下。
もっと空いてて安いところにしよう。

明石海峡大橋

このあいだ妹と来た舞子公園。
明石海峡大橋のたもとだ。
今日はちょっと靄っていた。

明石大橋はエレベーターで昇ることができ、構造を間近に見ることができる。

明石大橋2

気持ちはいいけどけっこうな高さだった。
母は
 「怖いから早く帰ろう」
と言い、オヤジは
 「ここから海に飛び込みたい!」
と言った。
凸凹夫婦である。

お昼ごはんには玉子焼き(明石焼き)を食べた。
母はタコ飯をチョイス。
どちらも冷凍食品な味がした…。

明石焼き

帰りにコストコへ寄ってリンツを仕入れてきた。
実はこちらがメインだったことは、両親にはナイショだ。

仕事が始まって、もうちょっと収入が増えたら。
却下せずにUSJに連れていってあげられるだろう。
もうちょっと余裕ができたら。
私もたまには宝塚を観にいくことができるだろう。
そんな欲張りなことを考えた。

うっかり忘れてたけど、明日は「2人バイオリン」の発表会です!
地元で一番大きな舞台で弾きます!
ミスらないように激励の1クリックをお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

家に帰ってたら、猫たちがエライことになっていた。

猫間のいじめ
(ペロペロからのガブ!)

近頃、サンジが行くところ行くところ、シシィがついてまわって
 「そこは私の場所!」
とばかりに横取りするんです。
クッションとか、私の膝の上とか、ベッドとか…。
サンジがくつろいでいるとシシィが邪魔をする。
それでよそに行くんだけど、またシシィがやってきて、
 「そこも私の場所!」
の繰り返し。
おまえはジャイアンか!
サンジは抵抗するんですがぜんぜん弱くって、
 「もう-!」
と文句をいいながらすぐに逃げてしまう。
これはイジメなのでしょうか?
それとも甘やかしてるだけ?
猫好きの皆さんどう思います?


(私の本もよろしく)


スポンサードリンク

8

パラリンピック開会式を見てから3時間のできごと

パラリンピックの開会式を見た。
リオはまた雨模様だ。
ランナーは片手に聖火をかかげ、片手に四点杖を持ち、強い雨の中を歩いていく。
シートがぬれて滑ったんだろうか。
激しく転倒した。
聖火がふっとんで地面に落ちる。
スタッフが駆け寄った。
スタジアムじゅうが湧きたち、観客が総立ちでエールを送っていた。
ランナーは立ち上がり、再び四点杖と聖火を持ってゆっくりと歩き出す。

最後の聖火ランナーもすごかった。
激しい雨の中、車椅子できついスロープをのぼっていく。
感動した。
聖火ランナーが杖や車椅子を使っているから感動したんじゃない。
障害者だからじゃない。
人は、頑張っている人をみると感動するようにできているんだと思った。
転んでも立ち上がり、雨の中を進み続ける姿は美しい。
パラリンピックってなんでもっと民放とかゴールデンタイムにやらないんだろう。

開会式を見終わったあと。
さて、と考えた。

私もそろそろ次に進まなければならない。
ウィーンには行った。
本も出した。
いつまでも同じところに留まってはいられない。
早い話が、外で働くのだ。(在宅ワーク飽きた)

丘の上
(私の好きな空)

パラリンピックの開会式を見終わってから30分くらい考えた。
それから電話をして、3時間後には面接して決めてきた。
社会復帰は週2のパートから始めることになった。

実は不安でいっぱいの私にエールの1クリックをお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

このブログも次に進まなければならない。 
タイトルを変えなくてはならない。
『在宅介護…』はもういらない。
私は私の人生を生き。
ブログにはもっといろいろなことを書き連ねていきたいと思う。
ということで近いうちにブログリニューアル予定。

おるすばん

あ、今後も猫は普通に登場します!
タイトルだけで内容はあんまり変わらない予定。


スポンサードリンク

≪進む  戻る≫