在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

インタホンが壊れた

玄関のインタホンが壊れた。
いくら押してもウンともスンとも鳴らなくなった。
買い換えればすむのかと思いきや、配線がどうこうという話で、工事をするのにけっこうお金がかかるらしい。
どうしようかな。

悩んでしまって、とりあえず
 「インタホンが壊れていますので直接ドアをノックしてください」
と貼り紙をしておいたら・・・来るわ、来るわ。

モルモン教。
真光様。
イエス様がUFOに乗ってやってくる教団。
家庭の平和を広める会みたいなの。

まるで宗教勧誘ホイホイだ。
どういうネットワークがあるのか、母の介護をはじめてから異様なくらいそういう人たちがまわって来るようになった。
そのうえインタホンからドアノックに変更すると、今まで以上にグイグイ来るようになった。
なんでだろう。
めんどくさい。
それですぐに貼り紙をはずした。

インタホンが使えないのは困るし、工事をするようなお金もない。
弱ったなあ…。
と思ってたんだけど。
 「ジャイアンがいるからいいじゃない」
母が呑気なことをいう。

お隣の犬のジャイアン。
めっっっっちゃ可愛い子で、番犬の仕事にかなり力を入れているらしい。
自分の家だけでなく、我が家を訪れる人にまで遠慮なく吠えてくれるのだ。
 「ワワワワワワン!」
ジャイアンの声が聞こえたら誰かが車を停めたということだ。
それが隣りの家かうちの家かは、分からないんだけど。

母はよくジャイアンに
 「いい子だねえ、えらいねえ」
と話しかけている。
 「犬は役に立つねえ。
 それに比べて猫はちっとも」
母、それは言わないお約束でしょ!

キャットタワーがぼろい
(新しいキャットタワーも買ってあげたい…)

インタホンとキャットタワーとウィーン旅行のために。
・・・さ、今夜も頑張って働こう。

腱鞘炎と戦いながらライティング作業をしている私に励ましの1クリックをお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する