在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

愛はスカスカ

おいしい栗カボチャが手に入ったのでパンプキンパイを作った。
といっても、冷凍のパイシートを使うのだけど。

私がカボチャでフィリングを作りパイシートを用意するところまでやった。
母には、パイ生地にフィリングを包み、卵液をぬる作業をやってもらった。

それをオーブンに入れようとするとき気づいた。
一つだけ、フィリングが入っていないパイがある。
パンプキンパイなのにパンプキン無しだよ!
母、入れ忘れたな!

問い詰めると、
 「ちがうもん」
母はとんでもない言い訳をかました。
 「愛をいっぱい入れたらカボチャ入れるところがなくなったの。
 カボチャの代わりに愛がいーっぱい入ってるんだから!」
なんだそれはー!

野菜が苦手なオヤジのために、わざとフィリングを減らしたらしい。
そしたら減らしすぎてほとんど入ってない状態になった。

まあ、いいか。
焼くか。

かぼちゃパイ1

焼くと、どれもほとんど同じに見える。

だけど切ってみると…。

かぼちゃパイ2

やっぱり、ほとんど中身のないパイがある。

これを見てさすがに
 「えっ・・・」
と怪訝な顔をするオヤジに
 「カボチャの代わりに愛情がいっぱい詰まってるの!」
と言い張る母。
結局は
 「いいもん、自分で食べるから!」
具のないパイを一人で食べてたけど。
・・・どうだった? おいしかった?
と尋ねると

 「私の愛はスカスカだった」

と返ってきた。
なにその名言みたいなの…。

スカスカの愛に免じて1クリックお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ

我が家は今日も平和です。

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する