在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

覚えててくれたから

今朝、地域包括支援センターから電話がかかってきて
 「紙オムツいりませんか?」
ときかれた。
欲しいです! と、即答した。

うちの母は多尿の頻尿。
トイレも使うけど、失敗することも多くて、かなりたくさんオムツを使う。
妹も帰宅するたびにいっぱい使うから、月1万円くらいかかっている。
補助はまったくもらえない。
地域によって差があって、うちの地元では1円でも税金を納めていると補助の対象外になるからだ。
申請しても落とされる。
それを地域包括支援センターのひとに愚痴ったことがあった。

そうしたら、この電話だ。
なんでも
 「使わなくなった紙オムツがたくさんあるので、どなたかに使って頂きたい」
という人がいたらしい。
それで私の愚痴を覚えていて下さった方が
 「使います?」
と連絡をくれたのだ。

ものすごく嬉しかった。
家計が助かった、というだけではなくて。
覚えててくれたから。
地域包括の方が、私がたちが困っていることを覚えててくれたから。
よく「介護は孤独」っていうけど、こういう細かな気遣いをして下さる人がいるのなら、誰かに思い出してもらえるのなら、孤独感も減るのじゃないだろうか。
本当に嬉しかった。

今日も1クリック、ありがとうございます!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する