在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
2

「ふるさと」

昨日の記事に書いたコンサートの本番に行ってきた。
もちろん母は客席から観ていた。

ゲストとして、オペラ歌手が招かれていた。
ウズベキスタンのバリトン歌手だ。
その歌声がすばらしかった。
片田舎の小さなホールが「ブラボー!」で満ちるのをこの20年で始めて見た。

アンコール曲は『ふるさと』。
あんな「ふるさと」聞いたことがないと観客みんなが口にした。
正直、私はクラシックはよくわからないし、音楽そのものにあまり興味がない。
それでも音楽は、母の「ふるさと」なのかもしれないと思った。
母はとても幸せそうにその歌を聴いていたから。
昨日は、母がどんなに弾きたいだろうかと想像して、せつなくなってしまったのだけど。
あの歌を聴いたらなんかもう、大丈夫な気がした。

私は私で、かつて旅したウズベキスタンに想いを馳せた。
ローカルバスで渡った砂漠。
おばちゃんにもらったスイカの味。
サマルカンドの赤いばら。
・・・いつか私は、旅と宝塚に帰ることができるのだろうか。

花束もらった
(花束もらった。)

昨日は練習をただ見ていることしかできなかったけど。
今日はみんなに声をかけてもらって、音楽仲間や生徒たちと話をすることができて、母はご機嫌で帰ってきた。
よかった、よかった。

激励の1クリック、お願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

N尾 says..."ウズベキスタン"
今、モスクワにいます。 宿の受付の人と親しくなり色々と話してたところ、彼はウズベキスタン出身で、今モスクワに出稼ぎで来ているとのこと。 何かと繋がるものですねえ。 ウィーンの後はモスクワかサンクト・ペテルスブルクあたりいかがですか(小生個人的にはサンクト・ペテルブルグが好きです)
2015.07.27 01:17 | URL | #- [edit]
だだ says...">N尾さん"
わーい、N尾さんだー!
遠く旅の地からありがとうございます!
ウズベクも旧ソ連でしたから働きに行きやすいのでしょうね。
モスクワは涼しいのでしょうか。
モスクワには猫の博物館があるそうなので一度行ってみたいです。
シベリア鉄道でまったり横断してみたい!
いつになるかは…(笑)
2015.07.27 21:14 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する