在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

車椅子マークの駐車場に停めた裸の王様

近頃は車椅子マークの駐車場も増えたけど、車椅子のひとも増えた。
駐車場が埋まっていることもしょっちゅうだ。
そのせいか、車椅子マークのところに停めた車から元気そうな人が出てきても、あまり何とも思わなくなった。
内部障害のひともいるし。
子連れのひともいるし。
まあ、みんないろいろあるよねーって。

でも。
これ読んだらなんかスッキリした!

店の入り口の前に車いすマークの駐車場がある場所での出来事
入り口はすぐ横に駐輪場があり、且つベンチがあるので、常に人がたむろしている場所でもある

この前その入り口でボーッとトイレに行った嫁さんをコーヒーを飲みながら待ってた時、車いすマークの駐輪場にオープンカーが斜めに突っ込んできた
扉をあけるために広く取られた横幅を全部使って斜めにとめている
中にはギャル男2人とギャル女2人
それを見ていた1人の男の子が、隣のパパに本人に聞こえるように聞いたんだ
「パパ、あそこって体の悪い人が使うところじゃないの?」
一瞬周りの空気がピリッとした
父親がどう返すのか、俺も耳をそばやだてていた
「うーん、身体っていうのはね、見えるところだけが悪くなるんじゃないんだよ」
パパさんナイス答え!と思ったら男の子
「じゃあおにーちゃんたち、どこが悪いの?」
更に緊張感が高まる空気の中、パパはんは言ってのけた
「えっと、頭とか」
思わずコーヒー吹いたわ
男の子の隣に立っていたサラリーマンも釣られて笑い出すし、袋抱えてベンチで休んでたおばさんも笑い出すし
車から降りたギャル男がやり取りを聞いていたらしく、チッと舌打ちし車に乗ってエンジンをかけた
そのままバックさせるのかと思ったら、車がガッタンゴットン動いてエンスト
オープンカーだから焦る顔が丸見えで、すんげーかっこ悪かった
連れの連中もバツの悪そうな顔して他人事のように去っていくし、友情の亀裂を感じた
男の子とパパさんGJ


まるで「裸の王様」だな。

でも私は、車椅子マークの駐車場が空いていても、使わないことがある。
というか使えないことがある。

一般的に車椅子マークの駐車場というのは、左右の幅が広くとられている。
だけどウチの車は、後ろをあけて車椅子まま乗り込むタイプ。
左右の幅は関係ない。
むしろ必要なのは縦の長さだ。
たとえ車椅子マークの駐車場でも、後ろがギチギチだったりすると使えない。
前向き駐車なら降ろせるけど、出入り口近くで後ろを開ければ他の車の邪魔になるから、やっぱり使えない。
だからうちの近所のイオンでは一般車両のところに停めています。

車も駐車場も、そして人も、いろいろですなあ。

激励の1日1クリック、ありがとうございます!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する