在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
6

「ありがとう」はいらない

私がトイレの始末をしていると、

 「汚いのごめんね。いつもありがとうね」

と母が言った。
いいよ、そういうのいらないよ、と私は笑った。
いちいち言ってたら、めんどくさいでしょ?
 「そうねえ」
と母も笑った。

 「そういえば私もU子(障害者の妹)に、家族には『ありがとう』を言わなくていいよって教えてたの。
 そんなことしてたらあの子、24時間ずーっとお礼を言い続けなくちゃいけないから。
 そんなの、しんどいでしょ。可哀そうだから」

でしょ?
だから私にも言わなくていいよ。

 「でも、子供と親とは違うでしょ?
  おかあさんが子供の世話するのは当たり前だから『ありがとう』はいらないの」

おんなじだよ!
子供が親をみるのは自然なことでしょう?
私は「介護してあげてる」んじゃない。
ただ、するべきことをしてるだけ。
毎晩ごはんをつくるのと同じ。

それにさあ。
ありがとうを言うのは私も同じだよ。
産んでくれてありがとうだもんね?
だからお互いさまだよ。

「じゃあ、おかあさんは、あんたにいつ『ありがとう』を言えばいいの?」

覚えておこう、と思った。
母の言葉を覚えておこう。
いつか母がもっと年をとったら、こういうことも言えなくなるかもしれないから。
今だけかもしれないから。
母と一緒にいることを辛く感じる日がくるかもしれないから。
今日の言葉をとっておこう。大切にしまっておこう。
ありがとう、お母さん。

にほんブログ村 介護ブログへ

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

6 Comments

mikomona says..."こんばんは。"
先日はご訪問&コメントありがとうございました。

「ありがとうはいらない」…とても心が温まるお話ですね。
辛いことも苦しいこともたくさんある中で、親を思う気持ち、子を思う気持ちの深さを感じました。
(すいません、偉そうに)

私は時々、主人にわざと何かしてもらって
「ありがとう」と言うんですよ。
テーブルを拭くとか、エプロンの肩紐を直すとか些細なことですが、
逆に「ありがとう」と言える事が嬉しいんです。
ちょっとずるいやり方ですが、主人が得意げな顔をするのを見るのも楽しかったりして。
2015.05.30 00:53 | URL | #Ctw2G0tM [edit]
しろうさ says..."ありがとう"
だださん 今日のブログも とっても
心に沁みました。
書いてくださって ありがとう!

おかあさまに よろしく!
2015.05.30 11:20 | URL | #WGv/JGO2 [edit]
だだ says...">mikomonaさん"
mikomanaさん、コメントありがとうございます!
mikomanaさんのブログは参考になることばかりで、私の目指す介護というか、こんなふうにできるようになりたいと思うところがいっぱいありました。

> 私は時々、主人にわざと何かしてもらって
> 「ありがとう」と言うんですよ。
> 逆に「ありがとう」と言える事が嬉しいんです。

ありがとうを言える喜び。
素敵なお話です。
ありがとうって、一方通行なものではなく、双方向、お互いのためにある言葉なんですね。
2015.05.30 22:59 | URL | #- [edit]
だだ says...">しろうささん"
活字にすると、なんだかこっぱずかしい会話ですね(笑)。
読んでくださってありがとうございます!
母は隣りで照れております(笑)。
2015.05.30 23:01 | URL | #- [edit]
まあさ says..."No title"
だださんの、そしてお母様の Big Heart に感動しました。
スケールが違います!
2015.05.31 04:02 | URL | #EaABWkWY [edit]
だだ says...">まあささん"
いやいやいや(笑)
そんな大層な話ではないですよ、おはずかしい…。
2015.05.31 21:17 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する