在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
6

猫の家族としての覚悟

猫のアジャリが病気になった。

土曜の朝までは元気だった。
 「ごはーん!」
朝から大騒ぎしてもりもりとキャットフードを食べたし、
庭で日向ぼっこをしたし、水も飲んだしトイレも使った。
そして二階の寝床へ上がっていった。
そのあと何が起こったのか?
アジャリはそれっきり、二階へ上がったきり。
何も飲まない。
何も食べない。
深夜にようやく水を飲み、カツオブシをひと舐めしただけだ。
モンプチ(高級キャットフード)でさえ口をつけない。

日曜の朝も起きてこない。
何も食べない。
何も飲まない。
カツオブシもやっぱりひと舐め。
モンプチが食べられないままダメになってた(もったいない!)。

激励の1クリックをお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ

これはまずい。
かなりまずい。
アジャリは今年で18才になる。
人間でいうとかなり高齢のおじいさんだ。
何があってもおかしくない。
アジャリは、すべての車を「霊柩車」、動物病院を「地獄の一丁目」だと思ってる。
病院へ連れていけばショック死しかねないほどに恐れている。

できればギリギリまで病院には連れていきたくないけれど…。
もしかしたら、もうギリギリのところまで来ているのかもしれない。
嘔吐や下痢の症状はみられないが、年齢的に病気をもっていても不思議ではない。
もしかしたら老衰かもしれない。
ここ1、2年でずいぶん痩せちゃったもんなあ。

アジャリが死んだらどうしよう。
私の大事なアジャリ君。
いろいろ辛くてベッドで泣いてたら、布団にもぐってきて、のどをゴロゴロ鳴らせてなぐさめてくれた。
私が寝つくまで一緒にいてくれた。
アジャリはそういう猫なのだ。

しんどいねん

いや、生きてるものはいつか死ぬ。
アジャリも私もいつか死ぬ。
死ぬのは自然なことだから。
受けれいなければいけない。
腹をくくらないといけない。
嫌いな病院へ連れていくより自宅で逝かせてやるほうがいいかもしれない。

・・・とか、シリアスに考えてたら!

夜になって、アジャリがようやく居間におりてきて。

 「あーお腹すいた! ゴハンちょうだい!
 あ、モンプチあるやん!(新しいの入れた)
 モンプチうまーーーーーーーーーー!」

今までの食欲不振がウソのように、がつがつ食ってた・・・。
カツオブシもスルメも何でも食ってた・・・。
歯がないのにスルメ食べるってどうよ…。

心配して損したと思った。
私のシリアスを返せと思った。
だけど嬉しかった!

まあ、年が年だから、なにかしら病気は持っているだろう。
今回は大丈夫だったけど、私たちはちゃんと覚悟を持っておかなければいけない。
アジャリの家族としての覚悟を。

関連記事


スポンサードリンク

Category :  Comment: 6
該当の記事は見つかりませんでした。

6 Comments

あゆみん says...""
ヨカッタ!
半泣きで読んでたら、ごはーん!の文字が出てきてホッとしました。
元気でいてよ〜

アジャリファンより
2015.05.26 01:57 | URL | #- [edit]
まあさ says..."No title"
あじゃりさん、回復してよかったです!!

生き物はみな具合が悪くなると、本能的に断食療法をしてからだをやすめるのだそうですよ。
石原結實ドクターはそうおっしゃっています。

猫さんは腸管が細いので、猫のみなさんがお好きなスルメは腸内で膨張してよくないらしいです。
どうしても食べたいにゃん!!と言われたら、
うんとこまかくしたのを、
「あんたも好きね~、ちょっとだけよ。」で…。

それにしてもよかったです。
2015.05.26 03:40 | URL | #EaABWkWY [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.05.26 10:19 | | # [edit]
しろうさ says..."モンプチ 常備希望~~♪"
いやぁ~、元気になって 本当によかったよかった!

2年前にお別れした我が家の猫様を 思い出しました。
http://blog.goo.ne.jp/sironeko_usagi/e/9245037c61d80779004e4ff447094567

アジャリさんてば、まだまだお若いじゃないですか!
たくさん食べてね~!
2015.05.26 11:44 | URL | #WGv/JGO2 [edit]
ひらめ says..."お願いがあります"
もし、アジャリに何かあっても突然の報告はやめてね
心臓に悪いです
タイトル見てドキドキしながら読み進みました

アジャリ元気になってよかった~
2015.05.26 15:13 | URL | #- [edit]
だだ says..."コメントを下さった皆様"
ご心配をおかけしました~。

>あゆみんさん
半泣きにさせてしまってごめんなさい。
でもいつかは、そういう日がくるものなんです…。

>まあささん
絶食は本能なのですね。アジャリは自然治癒力が高いほうなので、できるだけお医者にはかかりたくないようです。
スルメはね~悪いのはわかってるんですけどもうこの年だからいいかなって(笑)。

>秘密のコメントの方
犬も猫も人間も、いつかはお別れする運命にあるんですよね。でもまた虹の橋で再び出会うことができるそうです。いつか来るその日まで、お互い楽しく過ごせたらと思います。

>しろうささん
良いお顔の猫さんですねえ。そして素敵な記事でした。泣いちゃいましたやん…。
犬も猫も人も、女子は長生きするものですが、男子はやっぱり老けるのが早い気がします。

>ひらめさん
ドキドキさせちゃてごめんなさい。
実はこの記事を書き始めた時点では本気でもう長くないなと思ったんです。で、書いてる途中でアジャリさん復活しました(笑)。
それでも完全復活という状態ではないので、まあいつかはそういう日がくるのでしょう。
2015.05.26 21:55 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する