在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
4

皆様からのご質問など アンケート結果(2)

アンケートの自由欄にご記入いただいた方々、ありがとうございます。
皆様のお褒めの言葉やご苦労されたお話など、拝読させて頂きました。
本当にありがとうございます。

さて今日は、皆さまからのご質問やリクエストにお応えしていきたいと思います。
全部とはいきませんが…。

一番多かったのは、これ。
「猫記事がもっとほしい」
おお、と思いました。
そういえばブログタイトルに『猫』って入れてたわ私。
リクエストにお応えして猫写真多めに入れるようにしております。

「宝塚ネタもよろしく」
ごめんなさい、近頃ぜんぜんみにいけてないですね。
正直お金がそこまでまわらないです…。

おもしろいリクエストも頂きました。
「昔みたいな幽霊話が聞きたい」
マジですかっ!?
うーん、幽霊はタダですけどねー。
昔はよく夜に働いてたんで、不思議なものもいろいろ見ましたが、最近あんまりないですね。
母にきいてみます。聞くのもこわいけど。

「チョコレートはどれくらい食べますか?」
目の前にあるだけぜんぶ食べます!
困ったことに、私は文章を書いてるあいだは常になにかを食べたくなるんです。
板チョコ1枚なんて一瞬です。
そして胃が痛くなります。

「お母さんが妹さんを介護している時の話や だださんの子供の時の姉としての思いなど」
これは長くなりますので本にまとめたいと思っています。
すみませんがその時にまた読んでください。

「心が折れそうなとき、ありますか」
ごめんなさい、心が折れる、という言葉の意味があんまり分かってないです…。
投げ出したくなったことは、たぶんないです。
ただ、ずーっとジタバタもがいてる感じ。
めんどくせー!とは、なります。

「リハパンや尿漏れパットについて」
今はたくさんの種類のパンツやオムツが出ていますねー。
良い悪いというより、そのひとに合うか合わないかですよね。
うちはいろいろ試した結果、母も妹も昼間のパッドはライフリーの3回用を使っています。

リハパンはいろいろ。
夜用オムツはアテントです。
サルバとかも試しましたが、結局は高いメーカーのを使ってます。

「排泄物の始末、特に消臭について」
紙おむつの始末は、母の退院前にすっごい悩みました。
妹だけの時はビニール袋に入れて縛ってポリバケツに捨てていましたが、2人になるとビニールが足りなくって。
赤ちゃん用のオムツポッド買おうかなと思ったけど、費用がかかりすぎます。
で、結局は新聞紙…。
新聞紙には消臭効果があるそうなので、オムツを古新聞に包み、トイレ内のゴミバケツに捨てています。
もちろんバケツには消臭剤をつけていますが…。
臭いは、どうなんでしょうか。
実は私、おそろしく鼻が悪いんです(ガンジス川でも平気)。
それに一家全員、排泄物の臭いには慣れちゃって麻痺してるので、臭ってても気づかないと思います。
いまのところ苦情はでていません。

「お母様の食事には、問題ないので気を使うことはないのでしょうか?」
幸い、ないんです。シェーングレンもありません。
退院した頃はよくむせており、誤嚥に気を付けるようにいわれていましたが、細かく切るのが面倒くさくって。
「がんばって食え」
とスパルタなことをやってるうちに何でも食べられるようになりました。
ただ、麺類はよくこぼすので大変です。
それも
「がんばって食え」
と放置しているうちにだんだん食べられるようになってきています。

「ヘルパーさんと訪問看護さん、ケアマネさん、往診の医師など、沢山の方々と上手につきあっていきたいのですが、心構えを教えてください。」
なんも考えたことなかったです・・・。
ありがとうございますだけは欠かさずいうようにしていますが…。

「日々の介護で困ったことや、解決出来た事など教えてください。」
困るのは、母が、祖父母がまだ生きていると信じていることです。
それから私自身が短気なことです。
たいていは旅行に出てるよと誤魔化すんですが、あまりにもしつこいので
「とっくの昔に死んどるわー!」
とか言っちゃって、泣かしたことあります。
解決方法、みつかってません。
私が修行を積むべきですね。

「近い将来にやってくる介護という現実のその前に
まず何を準備しておくべきなのか、その時がきたら、まず何をするべきなのか
介護に関して実際は国家はどの程度助けてくれるのか
で、何を覚悟しておくべきか、ご指南ください」

準備といえば、近所の知り合いの中にケアマネがいるかどうか探しておくことでしょうか。
介護が始まったときに信頼できるケアマネさんに頼めることができたら全然違うと思います。
あとは介護保険についての知識もネットで手に入りますので知っておくと安心でしょう。
家の近所にどんな施設があるかなど、評判を調べておくと手間が省けます。
国家は、お金を出してはくれますが、情報収集は自分でやらないといけません。

「だださんが介護のキーパーソンですが、
だださんの体調のお悪いときはいかがされていますか?」

とりあえずケアマネに電話して、ヘルパーさんに来てもらえないか頼んでみます。
ショートも使えるようなら使います。
こういうときのために事業所は二か所ずつと契約を結んでいます。
ヘルパーさんがこれないときは、ご近所のおばさんに助けを求めたりします。
友達にだって電話します。
家事ヘルパーの利用登録もしています。
ボランティア団体にも利用登録しようかと思っています。
とにかく人に頼りまくります!
それしか仕方がないので。

「だださんはこれからお仕事をどうされるのか、また、妹さんの入所費用、将来のお母様の入所費用など」
「ディサービスの使用料とかレンタル品の金額」
私の仕事は、去年ちょっと働いてみて無理だと分かったのでもう少し後かなと思っています。
来年、母をウィーンに連れていったら本格的に働きたいかな。
でも、私が仕事をすると妹を施設から帰宅させてやれないこととか、今みたいに母のリハビリをしてやれないことなど、いろいろ考えてしまいます。
妹の入所費用はありがたいことに障がい者年金だけで賄えています。
将来の母の入所費用は…はい、がんばって稼ぎます(笑)。
デイケアの費用が一日2400円くらいだったかな?
要介護5なので高い方です。
レンタルは車椅子とベッドとスロープ、あと小物もいっぱい借りて一カ月2~3千円です。

お母様と旅行行かれる時は、やはり バリアフリーの旅館’やホテルですか?トイレに手すりがあるホテルを探すのでしょうか?
まだ旅行っていうほど行ったことないんです。
車椅子トイレすら使えない頃は逆に楽で、普通のビジネスホテルに泊まりましたが。
今はトイレが使えるようになったので、ウィーンに行くときは絶対にバリアフリーのホテルを探すつもりです。

「どこかでだださんとお母様らしき方をお見かけたら 声をかけてもいいでしょうか?」
お、おう!待ってます!(笑)
ただ人違いにはお気をつけて!

「何かウィーンに思い入れがお有りなのでしょうね。もう話された事かもしれませんが、その辺もいつか聞かせて下さい。」
母はバイオリン弾きで、ずっとウィーンに憧れていたんです。
詳細は長くなるのでこちらの記事をお読みください
   →「生きていくための約束」

「ウィーンの車いす旅ブログを読みたいです」

「ウィーン旅行記楽しみにしています」

待っててくださいね!
来年、書きますから!
楽しみにしててくださって、応援してくださって、本当に嬉しいです。

皆さま、たくさんのご意見をありがとうございました。

ついでに1クリックお願いします! 
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

まあさ says..."No title"
だださん、こんばんは。
ご回答ありがとうございます。
今回、自分の病気で、自分自身が自分をヒトにお任せし、
お世話になり、感謝し、回復を喜んでいただき、
「こころを開く度」が一段とUPしたように感じています。
母についても、そろそろ介護保険に繋げる時期かな、と思い始めました。
だださんの人間繋がりパワー、すごいです!!
とても参考になりました。
2015.05.04 02:21 | URL | #EaABWkWY [edit]
だだ says..."Re: No title"
>まあささん
こんにちは。
誰だって、明日にでも介護する側、される側になる可能性があるんです。
ご病気を経験されているまあささんは、お世話される側の気持ちをご存じなので、良い介護ができるのではないかと思います。
繋がりパワーってなんでしょう(笑)。
でも介護ってできるだけたくさんの人とつながっていたほうが、何かあったときに頼れますよー。
2015.05.04 21:47 | URL | #- [edit]
まあさ says..."No title"
繋がりパワーって、変な表現でしたね。
コミュニケ―ション能力+ネットワーク構築力でしょうか。
2015.05.07 04:15 | URL | #EaABWkWY [edit]
だだ says..."Re: No title"
>まあささん
なるほど、コミュニケーション能力は私は母ほど高くありませんが、既存のネットワークは大事にしていきたいと思っています。
2015.05.07 22:31 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する