在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

知らないおっちゃんが私の英雄になった日

事故った。
事故ってしまった。
踏んでしまった。
巻き込んでしまったのだ。

・・・カラーコーンを。

赤い三角のカラーコーン。
車椅子マークの駐車場に停めると、あれが傍に置いてあることがよくあって。
気を付けてはいるんだけど。
車を出すとき、うっかり巻き込んでしまった。

ガリガリガリ!
ばきばきばき!

えげつない音がしたので
 「やってもた!」
と思った。
車からとびおりて見ると轢いちゃったはずのカラーコーンが無い。
車体の下に完全に入りこんでしまっている。
屈みこんで手を伸ばすんだけど、出てこない。
引っかかって出てこない。
これは困ったことになった。
どうしよう…。
 「おかーさんが見てあげるからちょっと待っとき!」
いや、車椅子から降りないでください、母。

駐車場の地べたに這いつくばってしばらくウンウンやってたら、救世主があらわれた。
通りすがりの知らないおっちゃん。
 「入ってもたんか」
と言って手をかしてくれた。
おっちゃんと2人でひっぱると、あれだけ頑なだったカラーコーンが、スポンと抜けた。
ありがとうございました助かりました!
お礼をいうと、おっちゃんはイヤイヤと手を振って去っていった。
おっちゃんが英雄に見えた。

にほんブログ村 介護ブログへ

どうでもいいけど、カラーコーンが割れてないどころかほとんど無傷なことにびっくりした。

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する