在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

思い出の桜

各地で桜が花開き。
テレビでは連日、花見の様子がうつしだされている。
母はもう、うずうずして
 「お花見いこうよ!」
ばかり言っている。
無理だよー、ここらへんの桜はまだ蕾なんだから。
 「ここらへんじゃなくていいから、行こうよ!」

あんまりうるさいので車で南下した。
桜の咲いてるところまで。

花のみち2

桜の咲いてる。
宝塚だ。

花のみち4

桜の名所は日本各地にある。
でも、ここ宝塚には
みごとな古木や
雲のごとき桜の森や
海や山の美しい借景や
そういうものはひとつもない。

ただ、思い出だけが数えきれないほどにある。

花のみち3
(撮影:母)

昔ここには動物園があって、子どもの頃の定番の遊び場だった。
学校が休みに入ると必ず来てた。
家族みんなで花見をしたことも何度もある。

ファミリーランドがなくなっても
大劇場が建てかえられても
私が子供でなくなっても
母が歩けなくなっても
いろいろなことが変わっても
桜の色は変わらない。

薄墨色の桜花

せっかくだから記念写真を撮ろうと思った。
どの木がいいかな?
どこで撮ろうか?
ねえ、お母さん?
 「お団子」
と母は言った。
 「お花見団子を撮ろうよ」
・・・なんで?

花見団子

花より団子にもほどがあるけど、母は花見を喜んでいた。
 「きれいだねえ、楽しいねえ、懐かしいねえ」
をくりかえしていた。
 「ここの桜はやっぱり思い出の桜だね」
お団子に夢中だったけど、母も同じことを思い出していたようだった。

にほんブログ村 介護ブログへ

後ろ姿でピース

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する