在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

カフェー・トリンケン!

母がドイツ語のチャレンジを始めたのは、去年の夏だったか。
 「ウィーンに行くためにはちょっとくらい覚えないとね!」
と、まず数字から始めた。
3か月かけて、100まで言えるようになった。

秋になり、簡単な単語にとりかかった。
 「はい」
 「いいえ」
 「すばらしい」
 「良いです」
 「ダメです」

発音がよくわからないからと、CD付きのドイツ語入門書も買った。
毎晩、リハビリのついでに練習をした。
今ではなんと自己紹介ができる。

 「私は日本から来ました。
 名前はヒロミです。
 兵庫県に住んでいます。
 私は音楽教師です。
 音楽が大好きです。」

これだけの言葉を覚えた。
しかもけっこう一気に覚えた。
以前より記憶力が回復しているのを感じている。

一番最近、覚えたのは、『コーヒーが飲みたい』というドイツ語。
 「ネスカフェが飲みたいときはこれを言ってから」
と決めたせいで、深夜でもおかまいなしに言いだすことがある。
 「イッヒメヒテ、 カフェー、トリンケーン!」
寝言でもいってた。
次は
 「トイレに行かなくては!」
をやろうと思う。

にほんブログ村 介護ブログへ

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する