在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

あべのハルカスから見下ろしてみた

在宅介護をしていると、家から出にくい。
デイの日は出られるといっても4時すぎには帰宅しておかなければならない。
だからそのぶん、ショートに行ってくれた時は羽をのばす。

今日は友達に大阪へ連れていってもらった。

新大阪の新しいエキナカへ行って、たこやきを食べ、

たこやき

チキンラーメンソフトを食べた。

チキンラーメンソフト
(普通においしいけど、教えられなければチキンラーメンだとはわからない、きっと。)

グランフロントのクレープもおいしかった。
鶴橋の焼肉は最高だった。
カファレルのチョコレートは高いから、ヨダレ垂らしながら見惚れるだけにしておいた。

そして、あべのハルカス。
日本一高いビル。

ハルカス

1時間くらい並んでようやく入れた。
USJのアトラクションかと。

星空を昇るみたいにエレベーターが昇っていく。
扉の先には小気味いい景色が広がっていた。

展望台2

すべてが小さく見えていた。

家が小さい。
ビルが小さい。
通天閣も小さい。
車はミニカーみたいだ。
人なんて見えない。

小さい。
小さい。
私も小さい。
私が地上に置いてきた家も家族も、みんな小さい。

小さな世界に薄日が差した。
まるで神様が見つめているかのように。

もしも空の上に神様という存在があるのだとしたら
人間なんて小さすぎて見えないにきまってる。
だからどんなに祈っても頼んでも助けてはくれない。
それどころかときどき神様が間違えて地球を踏んづけちゃったりするのが災害なんだろう。
私たちは自分たちでどうにかするしかない。

だけど神様。
私たち小さな人間はこの大きな町をつくった。

ハルカス2

小さくても、弱くても、愚かでも、貧しくても、きっとかまわない。
高みから見下ろせば私たちはみんな同じだ。
うん、なんか元気でた!

にほんブログ村 介護ブログへ

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する