在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
2

車椅子2台で焼肉屋

今夜は焼肉の食べ放題にいく。
たくさん食べないともったいないから、
 「お昼ごはんは控えめにね」
と母にはさんざん念を押していた。
なのに。
デイサービスから帰宅するなり
 「今日ね、鍋パーティだったの!おいしかったから、いっぱい食べちゃったー!」
と嬉しげに報告してくれた。
・・・この裏切り者め・・・。

まあ、車椅子のおばあちゃんと、鶏ガラみたいな身障者なんか連れていては、どうせ元なんて取れない。

だから私が2人分喰らう!
食事介助いそがしいけど、でも負けない!

肉

満腹になった頃。
妹が笑いだした。

コロコロと楽しそうに
にこにこと嬉しそうに
母と私とオヤジの顔を眺めて
にぎやかな店内を見回して
ひそやかな声をたてて笑った。

幸せなんだって。
満足なんだって。

昼間は友達が遊びにきてくれたし
お母さんと並んでゴロゴロできたし
お父さんとドライブも行けたし
久しぶりに外食もできたし
1年ぶりに焼肉も食べたし
嬉しくて幸せで満ち足りて
思わず笑ってしまったんだって。

毎日、施設の中で静かに静かに暮らしている妹にとって
たまの帰宅や外食はこんなにも嬉しいことなんだ。

にほんブログ村 介護ブログへ

ちょっと大変だけど連れてきてよかったなー、と、思いかけたんだけど。

たっぷりエネルギー補給をした妹は怪獣度がパワーアップ!
今夜も徹夜で騒ぐつもりのようです。
私は眠いんだよう・・・。

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

しょう says..."No title"
だださん、お疲れさまです
少しは眠れましたか?
雨上がりの虹のような瞬間がご家族に訪れて嬉しいです
(でも、虹はすぐに消えてしまうんですよね…笑)

私はずっと知的障害を持った方の施設で働いていました
僅かなお給料を持って出かける月一回の外食は、外へ出る機会の少ない彼らにとって、大興奮の一大イベントでしたよ
それこそ、生まれて初めてマックのハンバーガーを食べる子もいたり…
みんなの笑顔を見て嬉しく思いながらも、自分と彼らの「当たり前」があまりに違うことに悲しさと行き場のない憤りを感じていました
あー、みんなに会いたいなぁ
2015.02.27 09:56 | URL | #/2qGMbe2 [edit]
だだ says...">しょうさん"
こんにちは。
雨上がりの虹なんて、素敵な表現でありがとうございます。
本当に一瞬でしたが良い団らんの時間を持てました。
でもその分、今日は施設に帰るのを嫌がって切なくなりましたが…。

妹がいる施設は体の弱い人ばかりなのでほとんど外に出られません。
妹も、在宅のときは作業所で働き、週末のたびに遊びに出かけていたのにと思うと、今は世間との隔離されているみたいに思います。
でも、戻りたくないと一時はグズった妹が、施設に着くやいなや
 「音楽クラブに行こうか!」
とクラブ活動に連れていかれ、ご機嫌で歌っているのを見ると、幸せの尺度は一つではないのだと思いました。

それでも叶うのなら、障害者も健常者も、みんな一緒に、同じように人生を楽しめる社会になれば良いなと思います。
2015.02.27 17:25 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する