在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
4

デイサービス見学 2件目

先日から始めたデイサービス施設の見学。
2件目は、定員10人という小規模な施設を訪れた。
オープンから1年も経っていないということで、ピカピカの施設だった。

大きな特徴はないし、リハビリもない。
レクリエーションも他とさして変わらないかもしれない。
だが職員さんの態度がすこし違った。
先日おとずれた施設では、職員さんは「私のほうを見て」話しをすることが多かった。
利用者するのは私じゃないのに・・・
と、ちょっと思った。
母は終始うつむき加減だったから、聞こえていないと思ったのかもしれない。

それが、今回の施設では逆だった。
職員さんは常に母のほうをみて、母にむかって話しかけていた。
「そんなの、あたりまえじゃない」
と思うかもしれないけれど、うちの母や妹のような人間を前にした場合、その当たり前のことができない人が、介護関係者でもけっこう多いのだ。
だから、この人なら、きちんと話をきいてくれるかもと思った。

にほんブログ村 介護ブログへ

母は
 「カラオケが無いなら行ってもいいかも」
とか言っています。
体験やってもらおうかな。

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

へなちょこ says..."見つかるといいですね"
お母様に合ったデイサービスが見つかるといいですね。
母は、最初に行った大規模デイが肌に合わず、月に1度通わせるのがやっとでした。
しかし、次に見つけてきた、NGOがやっている小規模デイが大当たり。
マイクロバス?であちこち連れ出してくれたり、バーベキューやレストランでの食事、1日がかりの小旅行などのイベントがあったり、利用者目線で楽しませてくれます。
お昼は、施設で借りている農園の野菜や手に入った生きのいい魚などを使った美味しいと評判の料理が並びます。
クリスマスにはコース料理が振る舞われました。
母は10数年、楽しみに通っていますよ。
2015.02.22 20:13 | URL | #- [edit]
だだ says...">へなちょこさん"
おお~、それは楽しそうなデイですね!
バーベキューとか健康的ですごいです。
小旅行なんて、家族でもなかなか連れていけませんし、一人だとぜんぜん出られなかったりしますから、素晴らしいことですよね。
小規模のところって小回りがきいて、いろいろなことができるんですね。
あと食事って大事ですよね(笑)。
なるべくおもしろそうなところを探して見学に行き、母に決めてもらおうと思います。
2015.02.22 22:05 | URL | #- [edit]
トマシーナ says..."当たり前なんだけど"
デイもいろいろあるんですよね(*^_^*)
小規模なところ案外狙い目なのかも!
要は規模の大小じゃなくて、そこのデイの考え方とか方針ですかね。
デイもサービスなわけだから、多種多様であるべきなのかも。
その中から自分にピッタリ来るものを、利用者さんが選べるってのが最高ですよね。
選択の幅があるってことは、とっても素晴らしいことですよね(*^_^*)
当たり前だけどそう思いました。
2015.02.23 10:58 | URL | #- [edit]
だだ says...">トマシーナさん"
> 要は規模の大小じゃなくて、そこのデイの考え方とか方針ですかね。
そうなんですよね。
たとえチーチーパッパでも、職員さんたちのやり方や、接し方によっては楽しめるものなのかもしれません。
> デイもサービスなわけだから、多種多様であるべきなのかも。
そうですね。
事業所も増えていますし、営業努力といってしまえば生臭いですが、競合することも多いと思うので、それぞれ個性を出していってもらえればありがたいですね。
2015.02.23 22:27 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する