在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
4

「キスをするのと同じこと」

今日は朝から気分がすぐれませんでした。
「やる気が出ない病」でした。

だって本来、介護って前向きな要素があんまりないのですよ。
それでも私は一年のうち363日くらいは前を向いて暮らしているつもりです。
で、疲れて、残りの2,3日はちょびっとけつまずくのです。

母がデイに行ってくれたのを幸い、半日ごろごろしていました。
掃除も洗濯もお台所もほったらかしで。
テレビ見てました。
なんてぜいたくな時間でしょう。

でも、楽ちんな時間は瞬く間に過ぎて。
あと1時間で母が帰ってくる。
働かなくちゃ。
起きなくちゃ。
でも、イヤだなあ・・・。

というときに。
コレを見つけました。
懐かしいトイデジ。
ビスタクエスト。

ビスタクエスト VQ1015 エントリー
(消しゴムサイズのおもちゃカメラ)

数年前まではよく写真を撮ってた。
大好きなトイデジで。
ピントはぼやけるし色も変だけど、変だからこそ、心の中の世界をうつすカメラだと思う。
長い旅行にもトイデジを何台も携えていったっけ。

これ、まだ動くのかな?
電池を入れてみる。
てきとうにシャッターを押してみる。

・・・ピッ。

ビスタクエスト サンジ
(あら恥ずかしい)

撮れたー!
古いおもちゃカメラなのに。
かなり酷使してたのに。

嬉しくなった。
もっと写真を撮りたくなった。

ビスタクエストを片手に、今日はじめて家の外に出た。
空が青かった。

ビスタクエスト クラシック空

誰かが言ってた言葉を思い出した。
旅先で聞いたのかもしれないし、キャノンの広告だったかもしれない。

「シャッターを押すことは、KISSと同じ。
 写真を撮ることは、自分の愛する世界にKISSすることなのよ」 

キスをするたび、愛おしくなっていくように。
カメラをかまえシャッターを押すたびに、自分の世界が愛おしくなっていく。
写真にはそんな力がある。

だから私はシャッターを押した。

のらねこさん

街灯

水仙


私には、まだまだこのカメラが必要みたいだ。

にほんブログ村 介護ブログへ

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

しょう says..."No title"
キャプテンとトイデジだ〜^ ^
だださんのトイデジ写真、大好きです
これまで、だださんの写真と一緒に私もいろんなところに連れて行ってもらいましたよ
今日もだださんの目に映った世界のおすそ分け、ありがとうございました!
2015.02.06 09:50 | URL | #LMs.iqQA [edit]
だだ says...">しょうさん"
わあ、喜んで頂けて嬉しいです!
キャプテンもトイデジも私の大事な旅仲間でした。
トイデジの変てこなレンズを通してみると、いつもとは違った色で、違った世界が見えるような気もします。
凹んだときにはトイデジを覗いて、小さな世界を見直してみるのも良いものです。
2015.02.06 20:38 | URL | #- [edit]
こはる says..."写真"
トイデジの写真、すてきです。撮ること自体もすてき!
写真って、心の一部を解放してくれると思います。
2015.02.07 20:43 | URL | #jdVj2cv. [edit]
だだ says...">こはるさん"
ありがとうございます。
トイデジは何が撮れるかわからないので楽しいです。
> 写真って、心の一部を解放してくれると思います。
本当にそうですね。
自分でもよくわってない自分の気持ちまでが表れるものですね。
2015.02.07 21:29 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する