在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

躾をする猫

12才の姪っ子は反抗期。
親のいうことをきかない。
 「早く寝なさい」
と、どんなにきつく叱っても夜遅くまでテレビを見ている。
ところが昨夜は9時半にはちゃんと布団に入り、テレビも電気も消していた。
えらかったね!
と驚いてほめたら、椿はこう答えた。

 「だってアジャリに『早く寝なさい』っていわれたから」

あじゃり先生
(にらみをきかせるアジャリ先生)

アジャリは世話好きな猫だ。
椿がよちよち歩きの頃に、道路に出て行こうとするのを止めたこともあった。
反抗期に手こずる人間たちを見かねて
 「俺が躾けてやらなければ!」
と頑張ったのだろう。
わざわざ階段をあがって子供部屋に顔をだし、騒いでいる子供たちを
 「ニャー!ニャー!」
と猫語で叱りつけたそうだ。
そして子ども達が布団に入って電気を消すと、さっさと階段をおりていったという。
アジャリは今年18歳。
かなりの年齢だが、母親もできなかったことを成し遂げたのだから、もうアジャリ先生と呼んでもいいかもしれない。

にほんブログ村 介護ブログへ

ちなみに私も夜更かししているとアジャリによく叱られる。
一方、サンジは成長しない。
ジャレてジャレてジャレまくる、子ども達の遊び友達だ。

タイムマシンサンジ
(タイムトラベルみたい?)

関連記事


スポンサードリンク

Category :  Comment: 0
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する