在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

エレベーターのないレストラン

ドラマを見てた。
『問題のあるレストラン』。
印象的な言葉の多いドラマだった。

これからみんなで新しいレストランを作ろうというとき、
できるかどうか心配だ、という仲間にむかって主人公がいう。
 「不安は人生のスパイス」
だと。
 「短所は魅力の別名」
とも。
とっても素敵。
 「(ここは屋上だから)屋根もエレベーターもないけど、こんな景色を見ながら食べたらすごくおいしいと思わない!?」
・・・おい。
おいおいおい。
ちょっと待って!
エレベーターがないだとっ!?

そりゃあ先日、ほかのドラマで
「上がれない階段はない!」
ってやってたけど。
あれはあれで素敵な言葉だけども。
現実に車椅子で階段を上がろうと思ったら、担ぐしかないねん。
車椅子だけで26kg、母をのせたら80kg。
私ひとりでは担がれへん。
真木ようこサンは一緒に担いでくれるんだろうか。
担いでくれるかもしれない。
親切で頼もしいスタッフが手伝ってくれるなら、それはとても素敵なことだと思う。

そやけどなあ。
どういうてもなあ。
・・・気ぃ遣うやん?
レストラン予約するときに
「車椅子でいきますんで担ぎお願いします」
っていうの。
ちょっと悪いかなって遠慮してしまう。
そやから私は母や妹をレストランに連れていくとき、どんなに素敵なお店でもあきらめてしまうことが多い。
「あの店はエレベーターが無いからパス」
と。
他にも素敵な店はあるよと。

「短所は魅力の別名」。
それは本当のことだし、素敵な言葉には違いない。
でもやっぱり私たちにとって、エレベーターがないことは短所は短所でしかない。

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する