在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

大震災から20年

阪神淡路大震災から20年。
もう20年なのか。
まだ20年なのか。
「時がたてば…って言われたけど、この悲しみは少しも薄らぐことはない」
とは肉親を亡くしたひとの言葉。

日常のすべてが覆された瞬間。
長田の真っ黒な焼け跡。
テレビや新聞に流れる名簿に釘づけになっていたこと。
忘れるわけはない。
忘れるわけはないけれど、それでも確実に昔話になりつつある。

大震災から数年後、私はイスタンブールで地震に遭った。
幸い、安宿ながらも新しい建物だったのでさほど揺れはしなかった。
震度4か5弱くらい。
が、ほとんどの宿泊客が地震というものを知らなかったから、宿中がパニックに陥った。
地震だ地震だと走り回る人。
死ぬ死ぬとオイオイ泣き出す人。
そんな中、日本人とトルコ人が
「大丈夫ですから落ち着いて」
「まだ余震がくるから気をつけて、揺れたらテーブルの下に入って」
と宥めてまわったのだった。

知らないということは恐怖を増大させる。
そしてパニックはさらなる被害をうむのだろう。
「『じしん』ってなあに?」
と信じられない問を口にした外国生まれの姪っ子にも、ちゃんと教えておかなくてはならない。

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する