在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

いつか来るであろう明日

知人のおばあちゃんが認知症になり、老健に入所した。
ところがなかなか施設に慣れない。
男性職員が介助しようとすると、こう言って拒否するらしい。

 「やめてください!
  私には主人がいるんです!」

・・・ラブラブ夫婦だったからねえ、と知人は言う。
うちの両親もラブラブなので、いつか母も「私には主人がいるんです!」とヘルパーさんに言いだす日がくるのだろうか。

まあ、今でも十分ボケたことは言ってるけど。


さて今日は、母のお気に入りのカフェでランチ。
いつも半分しか食べられないのだけれど、お洒落な店でランチが大好きだ。


(背後にパンダさんが…!(梅ちゃんnのバッグです))

未来のことは分からない。
先のことを心配して悩むなんて無意味だ。
母は、65才という、ひとよりちょっと早い年齢で老後を始めちゃったから。
先はまだまだまだまだ長い。
だから、いつか来るであろう未来を憂うのではなく。
明日を夢みて。
ウィーンを夢みて。
暮らしていけたらと願う。

にほんブログ村 介護ブログへ

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nekotochocolate.blog.fc2.com/tb.php/737-60fbf56d