在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

母と私の『2人バイオリン』

クリスマス・イブの一日はイベントが目白押しでした。
1.5キロ鶏肉を唐揚げにし
姪っ子たちとプレゼント交換をし
クリスマスケーキを食べました。



夕方からおこなわれた障害者関係のミニパーティでは、私と母は、初めての発表会をしました。
本邦初公開の「2人(ににん)バイオリン」です。

バイオリン弾きの母が左手の機能を失ったから。
代わりに私が左手になる。
母が弓を弾き。
私が弦を押さえる。
1台のバイオリンを2人がかりで演奏する、二人羽織ならぬ「2人バイオリン」というわけ。
写真はお見せできないけれど、我ながらけっこう無茶なことやっている。
G線めっちゃ抑えにくい。

バイオリンの音は右手の弓使いできまる。
だからたとえ左手が素人でも、母の右手さえあればプロの音を出すことができるはずなのだ(いくらかは)。
それで練習をして、今日はじめて人前で弾いた。
曲は『きよしこの夜』。
私の左手はビブラートもかけられないほどお粗末なんだけど。
母の右手は今までで一番良い音をだしてくれた。
・・・時折、母の右手からうまれる音にハッとするほどに。

今の音は。
お母さんの音だ。

その音のなつかしさはきっと私にしかわからない。
バイオリンの音は母の声だったから。
日暮れまで遊んでいた子供の頃に
 「ごはんよー」
と呼ばれる声が懐かしいように
私には母のバイオリンの音がなつかしい。
あんまりなつかしくて私は2回音程をはずした。
ごめんよ、母。

にほんブログ村 介護ブログへ

私たちの「2人バイオリン」は仲間たちの喝采をうけた。
母はとっても喜んだ。
次は春の曲を練習しようねといっている。

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nekotochocolate.blog.fc2.com/tb.php/733-36d4faf4