在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

帰って来た

ここ数週間というもの、母はずっと同じ質問をくりかえしていた。
 「あの子たちはどこにいるの?」
と。
『あの子たち』とは孫のこと。
妹の子ども達。
外国に住んでいて1年に1か月だけ日本で過ごす。
まだ、オーストラリアだよ。
まだ、日本に帰って来ていないよ。
と答えても母は信じない。
 「でももう近くまで来ているんでしょう?
  あの子たちはどこにいるの?」

まだ、来ていないよ。
まだ。
まだ。
まだ。

母と私はずっと同じ質問に同じ答えをくりかえしていた。

まだ。
まだ。
まだ。
まだ。

それが、とうとう、違う返事をする時がきた。

今、ケアンズだって!
今、飛行機にのるところだって!
今、関空に着いたって!
今、こっちに向かってるって!

もうじきだよ!

もうじき。
もうじき。
もうじき。
もうじき。

そして。
ついに。
玄関ドアの開く音。
「おばーちゃーん、ただいまー!」
幼い声がとびこんでくる。

12才の椿と。
6才の梅と。
1歳半の龍と。

やっと。
やっと。
やっと。
やっと、帰ってきた。


(龍に叩かれまくるサンジ。アジャリは避難中)

正直、家の中は、地獄のお祭り騒ぎみたいな賑やかさです。
ものすごく疲れるけど楽しいから頑張ります。

にほんブログ村 介護ブログへ

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nekotochocolate.blog.fc2.com/tb.php/718-eeca1aee