在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

バイオリンと猫

これは、母のバイオリン。
アルキメデ・オランディーニというおじさんがイタリアのパロマで作ったもの。
母の宝物だ。



病気で倒れるその日まで、母はこのバイオリンを弾いていた。
優しくて深くて、強い音を奏でていた。

今は、私と母と2人がかりで弾くのだけれど。
ぜんぜんあんな音は出ない。
スッカスッカした音になる。
私がへたくそなせいだ。

私は基本的に音楽に興味がないし、一度は母に破門された身だ。
(ちなみに破門理由は、子どもの頃に弓でチャンバラをしていて、真っ二つに折ったから。)
だけどいつかこのバイオリンを、もうちょっときれいな音で、歌わせてみたいと思う。
母と2人で歌わせてみたいと思う。
・・・もっと練習しなければ。

と。
バイオリンをしまおうとしたら!
バイオリンケースに、何か、入ってた。

アジャリが入ってた。


(ニャイオリンケース♪)

アジャリはバイオリンが大嫌いだ。
バイオリンの「生の音」が生理的に嫌いみたい。
誰かが弾きはじめるとものすごく不機嫌になる。
もう17年間ずっと聞いてるんだから、そろそろ慣れてくれてもいいのに。

だから、これは、嫌がらせなんだと思う。


(そんな音だすんやったら邪魔したるで~)

「お稽古、終わったから」
っていうと、すぐにどいてくれた。

にほんブログ村 介護ブログへ

そんなに嫌なら別の部屋にいけばいいのに。
猫って、何を考えてるのか、ちっともわかりません。

関連記事


スポンサードリンク

Category :  Comment: 0
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nekotochocolate.blog.fc2.com/tb.php/715-88602bc7