在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

多目的トイレを使ってたら「早く出て!」って壁ドンドンされてびびった話

母と買い物にでかけた先でトイレに入った。
車椅子で入れる「みんなのトイレ」。
苦手な左手すりだけど頑張ってた。

すると、トイレのドアが突然、激しく揺さぶられた。
誰かが開けようとしたみたい。
もちろん鍵はかかってる。
他にも使いたい人がいるんだな、ちょっと待っててねーと思ってたら、声が聞こえてきた。

「えっなんで? 誰かつかってる!」

そりゃ使うだろーみんなのトイレだよ。

大きなショッピングセンターだからみんなのトイレはあちこちにある。
一般のトイレにもベビーカーが入れる広めの個室もある。
だがその人は、どうしてもこのトイレに入りたいようだった。

 「早く出てー!早く出てー!」

大きな声ではないものの、こちらに聞こえるうように訴え始めた。
それどころか

 ドン!ドン!ドン!

壁を叩きだしたので、これはちょっとやばい人かもしれん、と思いだした。

 「どうして出てきてくれないのよ!?」

 ドン!ドン!

 「お願い早く出てきて!」

そう言われても困る。
ていうか、怖い。
正直、私はかなりびびっていた。

おかーさん、トイレ急いだほうがいいみたい。
おしっこまだ出ない?

焦っている私の横で、母はのんびりと
 「猫がノックしてるねえ」
と言っていた。
なんで猫?

ようやくトイレが済んだ。
さて扉の向こうには、どんなにアブナイ人が待ち構えているのだろう?
ドキドキしながらドアを開けると。
若い女の人が途方に暮れてしゃがみこんでいた。

 「すみません!そこにバッグ!
  バッグ置いてませんでしたか!?」

ありません。

 「大変だ!」
女の人は一声叫ぶと、ダッシュで消えていった。

たぶん彼女は若いママで、ベビーカーに乗った小さな子を連れてこのトイレに入ったんだろう。
そのあとバッグを失くしたことに気がついた。
 「ちょっと待っててね!」
と子供を置いてトイレに駆け戻ったが、トイレは私たちが使っていた。
外に待たせている子供が心配で
 「早くして!」
といったり、壁ドンしたり、したんだろう。
・・・しらんけど。

 「バッグ見つかるといいねえ。
  インフォメーションセンターに行くように、言ってあげればよかったね」

母はおひとよしなことを言っている。
私は、壁越しに「そこにバッグありませんか?」って訊いてくれたらよかったのにと思う。
威嚇するように大きな音ではなかったけど、トイレで壁ドンされて「早く出ろ」いわれたら、怖いっちゅうねん。
私ビビリやねんからな!

にほんブログ村 介護ブログへ

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nekotochocolate.blog.fc2.com/tb.php/709-36a24b9c