在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

ごめんな、母

今日は雨。
どこにも行かずに一日過ごす。

母が本を読んでいる間に、私は家事をしていた。
といっても、私はしょっちゅう様子をみにいくし、起きている間はしょちゅうトイレに連れていく。
母がひとりぼっちで30分以上過ごすことはほとんどない。
それに、手元に無線機を置いて、何かあったらすぐに連絡してくるし。



と、思ってたら。

気がついたら1時間も経っていた。

2階の片づけをしてる間、正直、ちょっと母のこと忘れてた。

あわてて無線で呼びかける。
お母さん大丈夫!?
「・・・・。」
返事がない。
ねえ、大丈夫!?
「・・・・。」
やっぱり返事がない。
まずい!
やばい!
これは何かあったかも!
車椅子から落ちてたらどうしよう!

階段をかけおりて母の部屋へ。
おかーさん無事かっ!?
ガラリと戸を開けると、母はさっきと同じ姿勢で車椅子に座ってた。
・・・よかった、無事だった。

ごめん、大丈夫だった?
「大丈夫じゃないの、トイレ行きたいの」
母は悲しそうに答えた。
「頑張って呼んでたんだけど、聞こえなかった?」
私のミスで、無線機は手の届かないところにあった。
仕方がないから、必死で呼んでいたらしい。
私を呼んでたらしい。
でも母には大きな声が出せないから、聞こえなかった。
こんなことは初めてだしすごく心細かっただろうと思う。

ほんまごめん!
めっちゃごめん!
堪忍な!

謝りまくりながらトイレに連れていったら、びっちゃんこでした。
ほったらかされてるんやったら、何のための在宅介護かわからんな。
ごめんな、母。

にほんブログ村 介護ブログへ

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nekotochocolate.blog.fc2.com/tb.php/707-e1d36e8a