在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

魔法使いの歌声

昨日、社交介護についてグチったばかりだけれど。
今日のは良かった。

妹といっしょにチャリティのミニコンサートを聴きにいった。
地元の施設の一室に。
障害をもった子供たちと、母親たち、重度障害者と、介助の私たち。
数十人が集まった。
わいわい。
がやがや。
子供が走り回る。
お母さんが追いかける。
よくある気楽なファミリーコンサートだと思ってた。

そしたら、一味、違った。

廊下を歩いていると、音が漏れ聞こえてくる。
別室で練習しているらしい。
その壁越しの音が、もう。
もうね。
すごい綺麗なの!
・・・なにこの音・・・。
なんか、びびってしまうくらい。

やがて時間になって。
このひとが現れた。



五嶋龍さん。
部屋にはいってきたとき、小脇にかかえた楽器の美しさに息をのんだ。
・・・こんな綺麗なバイオリン、見たことない!
ぴっかぴっかしてる!
ものすごい美人!
たとえば大阪の雑踏でナタリー・ポートマンに出くわしたらきっとこんな感じ、っていうくらい驚いてたら、司会の人が、さらっというた。
「このバイオリンはストラディバリウスです」
まじか!
億単位の名器か!

母が昔、バイオリン弾きだった頃に、こんなことをいっていた。
「本当にいい楽器っていうのはね。
 本当に上手いひとが持つと、自分から音をだすのよ。
 弦に触れる前に鳴るの」
そんなのウソだと思ってたけど。
今日、私は自分の目でそれを見た。

音楽のことはわからない。
母にはわるいけど芸術にもクラシックにもぜんぜん興味がない。
ただ、今まで見たこともないほど美しい楽器が、聞いたこともないほど美しい歌を歌うのを聴いた。
ポップスシンガーとオペラ歌手の発声がまったく違うように。
私が今まで聞いてきたバイオリンと今日のバイオリンとは、鳴り方も響き方もすべてが違った。
あのバイオリン、自分で歌うんだ。
まるで魔法使いが歌っているみたいに。

そうはいってもチャリティだ。
小さな子供たちが声をだし、座席から逃げだし、関係のない歌まで歌いだす。
さまざまな雑音にとりかこまれても、バイオリンはどんな音にも混じらず、かき消されず、邪魔すらされていなかった。
美しく澄んだ音は、まわりから独立して、朗々と響いていた。
なんかすごかった。
私はずっと口を開いていたと思う。

幼児相手のチャリティだから2曲だけでミニコンサートは終わった。
2曲目にチゴイネル・ワイゼンを弾いてくれたのが嬉しかった。
チゴイネルは母の十八番だったから。
たとえほんのちょっとだけでも、こんなすごい音を、手をのばせば触れそうな距離で聴くことができて幸せだった。

にほんブログ村 介護ブログへ

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nekotochocolate.blog.fc2.com/tb.php/701-1280f997