在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

うしろめたさと幸せと

昨日のこと。
友達とランチに行ってくる、というと、母はかすかに表情を変えた。
「どこいくの?」
新しいお店だよ。
ケーキがおいしいんだって。
「いいなー・・・いいなー・・・」
母だってデイサービスよりもランチへ行きたいに決まっている。
ごめんね。
こんど連れていくから!

若干の後ろめたさを抱えながら、友達とデート。
店の入り口に段差はないか。
車椅子が入る広さはあるか。
駐車場はどうか。
いちいちチェックしながらも・・・おいしかった!


(カルボナーラ)


(和栗と仏栗のパンケーキ)

すっごくすっごく、おいしかった!

だけど。
おいしければおいしいほど。
楽しければ楽しいほど。
「母に悪いな」
という思いがこびりついて離れない。
・・・そういう考え方したらアカンと思うねんけど。
私は自分の気持ちをコントロールできるほど賢くない。
ついつい、母のことを考えてしまうたびに

「おかーさん、こんど絶対、連れていくからね!」

と、心の中でつけ加えることにする。
まあ。
しゃあないわ。

1クリックで応援よろしくお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ

さて、さっき母とクラシック音楽をきいていた。
リヒャルト・シュトラウスのオペラ『サロメ』。
そしたら、早口言葉を思いついた。
これは難しいぞ!
言えないぞ!

 大リヒャルト・シュトラウス
 中リヒャルト・シュトラウス
 小リヒャルト・シュトラウス

ところが母は難なく言い切った。
ちょっと悔しい。
あなたもチャレンジしてみてください。

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nekotochocolate.blog.fc2.com/tb.php/691-14834201