在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

羽生結弦選手に感動した

今日も我が家はレイニーだった。
ズボンを脱がせ、着替えをしている途中で母がいった。
 「今からね、羽生結弦がすべるの」
母はフィギュアスケートが大好きだ。
トイレに入る直前まで、中国杯の男子フリーをみていた。
 「羽生君ね、さっき外国人選手とぶつかってね。
  大ケガしはったの。
  棄権するかと思ったけど今から滑るんだって!」
えっ、そうなの!?
 「だからね、見てあげなくっちゃ!」

大急ぎでトイレを出ると、ちょうど羽生選手の演技が始まるところだった。
・・・びっくりした。

頭を包帯でぐるぐる巻きにしている。
アゴの絆創膏は血で染まっている。
繊細な美少年が見る影もない。
幽鬼のように青く、はりつめた顔で一点を睨んでいる。
おそろしいことが始まる予感がした。

音楽がはじまる。
『オペラ座の怪人』だ。
おどろおどろしいファントムの歌が血まみれの修羅場に沿う。

最初のジャンプ。
転倒。
次のジャンプ。
転倒。
いったい何度、転んだのだろう。
転んでも転んでも立ち上がり、またジャンプに挑む。

フリーの演技は長い。
後半に入ってもまだ転倒しつづけた。
私はフィギュアのことはぜんぜん知らない。
どれが3回転だか4回転だかわからない。
それでも鬼気迫る勢いは感じた。
渾身の力をこめ、全霊を注ぎ、命を懸けて滑っているのを感じた。

そして、何度も何度も転びながらも、
何度かジャンプに成功した。
くるくるとまわっていた。
頭を打っているのにどうしてあんなに回れるんだろう。
まっすぐ立つこともできない人がどうしてあんなふうに滑ることができるのだろう。
一流のひとは、心の力で、こんなにもすごいことができるんだ。
畏敬の念を覚える演技だった。

長い長い4分半の後。
曲が止まった。
点数が出た。
その時点での1位だった。
羽生選手が顔を覆って泣き出した。
解説のひとも泣いていた。
まわりもいっぱい泣いていたと思う。
まるでスポ根マンガみたいな場面。
なんかすごいものを見たと思った。

激励の1クリックお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ

気がつけば、私も母も泣いていた。
「すごかったね」
「がんばったね」
と、口ぐちに喋って。
大変なことに気がついた。

母、ズボンを履くのを忘れてた!

「羽生君の演技が始まる、トイレに入ってる場合じゃない」
ってことになって、慌てて出てきちゃったから。
なんと紙オムツ姿のまま羽生くんを見ていた。
紙オムツまるだして感動して泣いてた。
毛布はかぶってたけど。
それから慌ててズボンを履いて。
・・・今夜も15分おきにオムツ交換やってます。
寝れない。

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nekotochocolate.blog.fc2.com/tb.php/690-60ecb600