在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

悲しいこと

悲しいことを書きとめるには勇気がいる。
書かないでおこうかな、とも、考えたんだけど。
やっぱり書かなくちゃだめだ。
ぜんぶ書くって決めたんだから。

母は地元の音楽家たちと、ボランティアで演奏活動をするグループ「ムジカ」を作って活動していた。
ピアノ、声楽、フルート、オーボエ、そして母のバイオリンという顔ぶれだ。
去年は「ムジカ」の活動が20周年にあたり、記念コンサートをひらくというので、母はとても張り切っていた。
20年の集大成だからって。
楽しみにしていた。

ところが母は脳出血で倒れてしまい。
入院している間に20周年コンサートは終わってしまった。
母の意識が戻らぬうちに。

それから1年半が過ぎ。
母はかなり元気になった。
意識も、記憶も、はっきりしてきた。
妄想もほとんど出なくなった。

ところが、どうしても受け入れられない事がいくつか残った。
その一つが「ムジカ」だ。
20周年のコンサートが自分のいないうちに終わってしまったことが、どうしても理解できない。
受け入れられないのだと思う。
コンサートのDVDも見せた。
メンバーの話も聞いた。
それでも尚。
バイオリンを弾けないことを受け入れるようになった今でも。
母は理解することがでいない。

ムジカの活動は、バイオリンのないままに続いている。
仲間たちがひらく半年に1度のコンサートを母は喜んで聴きに行く。
そのたびに、今度こそ大丈夫だろうと思うのだけど。
今回もまたダメだった。
ムジカのメンバーの顔をみると
「20周年のコンサートのポスターはできたのかしら?」
と言いだしてしまった。
あんなに調子がよかったのに、急に記憶が混乱して
「ゆうこはどこかしら?」
と、とっくの昔に施設に入れた妹を探し始めた。
「お弁当を頼んでいるはずなのよ。
 私も会議に出席して、次に弾く曲を決めなくちゃ」
お弁当を頼んだのも
会議に出席していたのも
コンサートにでるための曲を決めなくてはいけなかったのも、2年前のこと。
母がまだバイオリンを弾いていた頃の記憶だ。
普段しっかりしているだけに、今回の混乱は激しく、動揺は深く、私も悲しかった。

応援の1クリックをお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ

母の通うデイサービスにも、ムジカはボランティアで弾きにくる。
だけどその日は休ませるようにしている。
「私、このあいだまでお年寄りのために弾いていたのに、自分がお年寄りになっちゃった」
とつぶやくのを聞いてしまったから。
まあ、誰でもいつかお年寄りになるんだけどね。
いつか母が、この現実を受け入れて、ムジカの仲間と話せるようになるといいな。

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nekotochocolate.blog.fc2.com/tb.php/689-65826bf1