在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

Rain drop

今日はとても良い天気。
よく晴れていた。
なのに我が家は雨が降る。
母のトイレに雨が降る。

急に寒くなったせいだろう。
母のお腹はまたしても
「立ち上がったら出るシステム」
が作動。
めんどうくさいことになった。
大のときは本当に泣きたいくらい大変だ(「粗相をくりかえすとき」)。
小でもなかなか悩ましい。

車椅子から立ち上がり、パンツを下ろした瞬間に、温かな雨が降ってくる。
きれいに拭いて、便座から立ち上がると、そのとたんにまた雨がふりそそぐ。
・・・黄色い秋雨である。
私、ちょっと、傘がほしい。

傘のかわりに応援の1クリックお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ

我慢できないのは麻痺のせい。
立ち上がってお腹に力が入ると自然に出てしまう。
だから母は、出ちゃったことにも気づいてない。
母のせいじゃない。
怒っても仕方がない。
イライラしても始まらない。
それはわかっているけれど。
わかっているのだけれど・・・。

エンドレスなんだもん!
雨がやまないんだもん!
替えても替えても降ってくる!
たった1回のトイレで
ズボン3枚、パンツ2枚、紙パット4枚、消費した。
この雨かなり家計に響くよ?

仕方がない。
奥の手だ。

私は、自分の手に降りそそぐ母の雨を
「Raindrop」
と名づけた。
雨だれっていう意味だよ。
「まあ、ショパンの曲みたいだね!」
と母がいう。
・・・綺麗すぎる?
だって
「オシッコひっかけられちゃった」
っていうより
「レインドロップがふりそそぐ!」
っていうほうが、気分が楽。
ぜんぜん楽。
たぶん、お互いに。

それでも、今日はもうトイレはあきらめてもらって、紙オムツを装着してもらいました。

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nekotochocolate.blog.fc2.com/tb.php/686-5490e66d