在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

どんなトイレでも使えるように

母は左麻痺だ。
右手右足しか使えない。
だから、どんなに広い身障者用トイレであっても、右側に手すりがないと、使えない。
左手すりは使えない。

・・・これでは困る。

外出先では左手すりしかないことが多々ある。
「このトイレは使えるかな?」
「左手すりだからダメだな・・・」
なんてやっていたら、おちおち遊びにも行けない!

遊びにいこうと思ったら。
とくに外国に、ウィーンに行こうと思ったら!
トイレの選り好みなどしている場合ではない!
どんなトイレでも使えるようにならなければ!

応援の1クリックお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ

そこで、障害者のお母さんたちが集まったときに、介助方法を一緒に考えてもらった。
紙パンツを一気に引き上げる方法。
壁にもたれて頭でバランスをとる方法。
やり方はいろいろある。
「慣れたらきっとできるよ」
励ましてもらい、
「これから特訓しような、お母さん!」
と決意に燃えていたら。
母がボソッと
「この子スパルタなのよ・・・」
とこぼした。
ええ、私はスパルタ娘ですが何か!?

ところで今日はチョコスコーンを作った。
焼きあがったばかりの、あつあつのスコーンを一口味見。
味見、してみたら。

・・・ジュワッ!

って音がした。
スコーンが余りにも熱くて舌が焦げた(?)音だった。
めっちゃ火傷した。
痛かった。



舌が焦げたけど、スコーンはうまうまでした。
太る・・・また太る・・・。

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nekotochocolate.blog.fc2.com/tb.php/682-5b345371