在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

車椅子2台つれて宝塚観劇へ!(前編)

ようやく、妹の褥瘡(床ずれ)が治ってきた。
ようやく、母は人ごみに慣れてきた。
・・・ちょっとくらいなら行けるかもしれない。
と。
「2人を連れて人ごみの中へ遊びに行こう大作戦」
をやってみた。

行先は、宝塚歌劇!



大劇場は、勝手知ったる私の遊び場ではありますが。
ひとりで遊びにいくときと
車椅子2台つれていくときでは
全く勝手が違うのですよ。
だから先日、前もってトイレの下見をしておいた。
ヘルパーの友達にボランティアで来てもらった。
それでも、倒れそうなくらい大変だった。
人が多すぎた・・・。

実は今日はもうへとへとです!
1クリックで応援よろしくお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ


観たのは月組公演『PUCK』。



妹は『PUCK』が大好きだ。
22年前の初演のとき、テレビ放送されたのを録画して毎日みていた。
CDも買って毎日きいた。
言語障害のある妹は、単語は30種類ほどしか言えない。
なのに、30語のうちの一つが
「ぱっく」
なのだ。
毎日毎日、聞かされたおかげで、我が家は全員『PUCK』を歌える。
もちろん母も歌える。
『夏の日が暮れて 白い月がのぼる頃』
にはじまる一連の歌は、私たち家族にとって
妹がまだ小さくて手がかからなかった頃の
母がまだ元気でバイオリンを弾いていた頃の
幸せな思い出の象徴だといってもいい。

その『PUCK』が再演されるから、母と妹に見せたかった。
本物のPUCKを。
一緒に観たかった。

2人ともすごくすごく楽しみにしてた。
母は前の晩、眠れないほどわくわくしてた。
妹は緊張でカチコチになっていた。

妹は重度の身体障害だけでなく、重度の知的障害とか、あとなにかよくわからない障害とか、いろいろもっている。
興奮したら意思とは関係なく声がでてしまうこともある。
それを必死におさえて観てた。
舞台の邪魔をしないよう。
ほかのお客さんの邪魔をしないよう。
頑張って、なるべく静かに観ていた。
私は妹が声を出しそうになるたびタオルで口をふさいでた。
ハタからみたら虐待だったかも。



妹は、ほとんど首が座らないのに、必死になって顔をあげていた。
必死になって舞台を観ていた。
頭の中には台詞もぜんぶ入っていたのだろう。
PUCK誕生にどきどきし、
おもしろい場面は笑いころげ、
初演と違う曲にはいちいち
 「えっ?」
という顔で私を見た。
最後の「エバーグリーン」の歌では泣いていた。
感情をすべて舞台にそそいで観てた。

PUCKを観ている妹が、
あまりにも嬉しそうで
あまりにも幸せそうで
あまりにもいきいきとしているので
私もなんだか泣きたくなってしまった。

妹は去年12月からずっと施設で暮らしている。
我が家にときどき帰る以外、施設の外にでる機会はほとんどない。
静かで単調な暮らしをおくる妹の目に、
歌劇の華やかさは
なつかしいPUCKは
どれほど鮮やかに映っただろうか。

また連れてこよう。
また一緒に観よう。
そう思ったのだ、そのときは!
ところが公演が終わらないうちにとんでもない事態に陥り
「もう宝塚はムリかも」
と思うことになるのだった・・・。

疲れたので続きは(後編)へつづく!
明日書きます!

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nekotochocolate.blog.fc2.com/tb.php/679-3c904189