在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

「痛い!」の声で飛び起きた夜

深夜。
いや、明け方だっただろうか。

 「痛い!」

母の声で目が覚めた。
・・・どうしたの!?
びっくりして跳ね起きる。
 「足がね、しびれて痛いの」
左足?
どのあたり?
 「ひょうほう」
ん?
両方?
 「ひらの・・・しらの・・・しみれてる・・・」
なんて?
しびれてるの?
 「うーん」
痛いの?
 「ううん・・・」

あ。
寝てもうた。
母は寝息をたてている。
なんか大丈夫そう。

ホッとしつつ1クリックお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ

夜中に具合が悪くなるのって、めっちゃ怖いです。
私はまだ救急車呼んだ経験がないもので。
何かあったらどうしようって、ほんとにびくびくする。
昨夜も、母の寝息がほんとに安らかなのかどうか、しばらく聞き耳をたててました。
・・・内臓だけは強い人だけど、いつか必ずそういう日がくるわけだから。
家で看護するのって本当に大変だと思います。

夜中に目を覚ましたのは寝ぼけてたのじゃなくて、本当に痛かったようです。
麻痺足のしびれはいつものことだけど、なぜか両足がしびれてすごく痛かったって。
それで朝から病院にいって、しびれや痛みを軽減する薬をもらってきました。
 「1週間で効かなければ専門病院を紹介します」
ていわれました。
効きますように!

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nekotochocolate.blog.fc2.com/tb.php/672-48b26395