在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

圧力鍋との戦い(惨敗)

生まれて初めて圧力鍋を使った。
家には昔からあったし母は日常的に使っていたのだけど。
私は一度も使ったことがなかった。
だって圧力鍋って・・・。
・・・使いかたが分からなくて。

ヘタレな私に1クリックで応援よろしくお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ

でも今夜のメニューは「どて煮」である。
圧力鍋が必須なのである。
仕方がないから挑戦しよう。
使い方知らないけど。
とりあえずフタを閉めて火をつけたらいいんだろう、鍋なんだから。

シューーーーーー!

なに!
なんなのこの音!
爆発するんじゃないのコレ!

一度そう思ってしまうともういけない。
鍋がちょっとふくらんでいるようにさえ見えてきた(妄想)。

この鍋、怖い。

とっさに火を止めてしまった。
フタを開けるどころか怖すぎて触れることさえできない・・・。

だめだ・・・。
だめだよこんな鍋・・・。
私にはできない・・・。

そして待つこと1時間。
母がデイから帰って来た。

おかーさん!
シューシューいう!
シューシューいうねんこれ!
爆発するんちゃうのこの鍋!

「シューシューいわないと圧力鍋じゃないでしょ」

そうなん?

「はい、やり直し!」

母の指示でもう一回、フタを閉めなおした。
そして火をつけて。
またしても

シューーーーーーー!

やっぱり怖ぇえええ!

「ほら逃げない! 火を小さくして!」

はい・・・。

ドキドキして身を縮めながら火を弱める。

爆発しない?
ほんとにしない?

「うるさいねあんた」

はい・・・。

20分後に火をとめて。
ちょっと待ってからフタを開ける。

爆発しなかった。
当たり前だけど。

そして出来上がりは・・・マズかった。
 「途中で味見できないからねえ」
と母。
あんなに怖い思いをしたのにと、私はしくしく泣きながら、味付けをやり直した。
お醤油と砂糖とお酒とを、ざっと入れなおしてもう一回しっかり炊いた。
おいしくなった・・・。

次は、圧力鍋に負けないで、頑張る。

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nekotochocolate.blog.fc2.com/tb.php/671-179a4bc4