在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

片麻痺の障害者用トイレ問題

近々、母を連れて遊びにいく予定の、施設の下見に行ってきた。
トイレの下見だ。
いざとなって
 「車椅子対応トイレはどこだ!?」
と、探さなくてすむように。

1クリックで応援よろしくお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ



よくあることなんだけど。
障害者用トイレが男性用トイレの中にあったりする。
男性用小便器の向かいにならぶ個室のひとつに「車椅子マーク」がついていたりする。
女性にはちょっと入りづらい。

これもよくあることなんだけど。
障害者用トイレならどこでも使える、というわけではない。
母の場合、重要なのは、手すりの向きだ。

こちらは家のトイレ。
座ったとき右手で持てるよう、右側に縦手すりをつけている。




今日おとずれた施設のトイレは、反対のつくり。
左側に縦手すりがある。



手すりが反対だと使えない。
母は右手しか使えない片麻痺だから。
左側の手すりは持つことができない。
足の力も弱いから、低い横手すりだけではうまく立つことができない。
だからどんなに広くて設備が整っていても、左に手すりがあるこのトイレは、母には使いこなせないのだ。
残念。

施設内には合計4つの車椅子トイレがあったけど、そのうち3つが左手すりだった。
母に使える右手すりは、男子トイレの中にある1つだけ。
ちょっと入りづらいけどそれを使うしかないだろう。

まあ一つでも使えるものがあってよかった、と思っていたら
案内してくれたスタッフが
 「使いづらくてすみません・・・」
と謝ってくれた。
でも、施設が悪いんじゃない。
ここのトイレはすごく広いし、オムツ交換用ベッドまでついてるし、充実したトイレだと思う。
昔とはえらい違い。
ありがたいことなのだから。

障害の有様は千差万別。
すべてに対応するなんて不可能な話。
せめて今あるものを上手く使いこなせるよう、私たちは情報を集めるしかないのだろうな。

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nekotochocolate.blog.fc2.com/tb.php/661-a90b1269