在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

ミラーボックスを使ったリハビリ

「片麻痺のリハビリに、鏡をつかった方法が効くらしい。」
と噂を聞いたのでネットを調べてみました。
ミラーボックスとか。
ミラーセラピーというものらしいです。

1)動くほうの手を鏡にうつす
2)両手が動いてるように見える
   →脳みそが勘違いする
   →良い刺激になる

「自宅で簡単に行える」というのがウリ。
ミラーボックスも簡単に作れるというので、簡単につくってみたら、



世界一、小汚い感じのリハビリグッズができあがりました。
・・・煎餅の箱に穴をあけただけ。
所要時間5分。

5分間の努力に免じて1クリックお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ

で、どのように使うかというと。

箱は真ん中で仕切られています。

仕切りには鏡を立てています。

そこに穴から両手をつっこみます。




鏡はすこし斜めに立てて、健側の手が写るようにします。

麻痺側は覆って隠してしまいます。

この状態で、鏡を見ながら手を動かします。
母は
「両手でピアノを弾いてるつもりになるの」
と、これを持たせておくとしばらく一人で遊んでくれます。



しかし・・・鏡が・・・小さくて・・・。

もっと大きな鏡があれば効果が出るかなあ。

専用のミラーボックスも売っているそうですが。



テレビで見たとか、ネットで読んだというばかりで
「実際にやった」
という人の話を聞いたことがありません。
実際の効果を知りたいものです。

理学療法士さんにも2人聞いてみたけど2人とも
「やらないよりはやったほうが良いのでは?」
という感じかな。
本当に効果あるのかな?

母「これ楽しいよー♪」

楽しいなら、うん、よかった・・・。

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nekotochocolate.blog.fc2.com/tb.php/659-7678e321