在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

呪われたっぽい

母が本を読んでいる。
読むといっても、母のことだから、相変わらず1日に10ページ進んだらいいほうで。
気がついたらどこまで読んだかわからなくなり、読んだことすら忘れるありあさま。
ぜんぜん進まない日だってある。

1クリックで応援よろしくお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ


今読んでいるのは村山早紀『ささやかな魔法の物語』という可愛らしい本だ。
(以下はネタバレになります。)



この本はいくつかの短編から成り立っている。
昨夜は、少女が姿を消してしまう話を読んでいた。

主人公の女の子は学校でいじめられている。
気丈に頑張っていたが、追いつめられ、とうとう行方をくらましてしまう。
みんなで探すがついに発見されることはなかった。
しかし、骨董屋の主人だけは彼女を見つけた。
女の子は、古い鏡の中にいたのだ。
人生に絶望した彼女は、古い鏡の中に逃げ込み、鏡の世界で永遠に微笑んでいるのだった。

・・・とまあ、ちょっぴりホラーテイストなファンタジーなのだけど。
読んでいる母もまたファンタジー。

女の子が行方不明になるところまで読むと、なぜか先へ進めなくなってしまう。
どうしても最初に戻って読んでしまう。
途中まで読んだことは完全に忘れてまた最初から読みなおす。
それを何度もくりかえす。

つまり、女の子は

いじめられる
 ↓
行方不明になる
 ↓
 ↓(読んだことを忘れて最初に戻る)
 ↓
いじめられる
 ↓
行方不明になる
 ↓
 ↓(読んだことを忘れて最初に忘れる)
 ↓
いじめられる

母のなかで恐ろしいループを続けているのだ。
それを傍で聞かされている私にとっては

・・・なんだこの呪い!

てな気味の悪さ。
早く女の子を助けてやってくれよ!
と頼むと、母は
「だってここまだ読んでない」
という。
「女の子が見つからへんねん、どこに行ったんやろ」
ともいう。
女の子は鏡の中の世界に永遠に囚われてしまった、という話なのだが、私にしてみれば、永遠に囚われているのは母の方だとしか思えない。
コワかった。

※注※ 本に罪はありません。良い本でございました。

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nekotochocolate.blog.fc2.com/tb.php/653-939f6bbd