在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

車椅子と出かける前に考えること調べること

「海が見たい」
と母がいいだした。
今年は雨ばっかりで夏らしい海を見られなかったから、って。
 「じゃあ海をみにいこう!」
二つ返事で引き受けたのはお気楽オヤジ。
 「神戸にいって××でランチ食べて、それから海をみにいこう!」
 「やったー!」
母は喜んだ。
とっても喜んだ。


(結局、どんよりしてた)

だが待て、オヤジ。
ランチに行く店は、車椅子で入れるのか?
身障者用トイレはどこにあるのか?

私は、自分ひとりなら
 「なんとかなるよ」
で世界の果てまで行っちゃえる。
だけど車椅子と一緒に出かけるときは違う。
なんとかならないこともある。

社会は障害者に対してものすごく優しくなったけど、それでも「車椅子お断り」な造りの店は多い。
段差と、トイレ。
事前にこの2つを調べておかなかったせいで、大変なことになったり、悲しい思いをしたことが今までに何度もある。
 「誰かに手伝ってもらえばいい」
という考えは甘いと思う。
誰もいない場合だってある。
誰かに迷惑をかけることもある。

私は以前、かなり段差がある店に車椅子を連れて入ろうとした。
お店のひとに手伝ってもらって、一応は入れたけど、無理したせいで私はギックリ腰になってしまった。
ケガをすることもあるんだと知った。
以来、私は怖がりになった。
それはきっと、私自身が車椅子に乗っている当事者じゃなく、あくまでも車椅子を押すほうの、介護者だから。
責任があると思うから。
車椅子で行くことをお店に連絡しておくだけで、周りも本人も私も、誰にとっても安全で安心なお出かけができる・・・確率が高くなる。
 「どんどん突撃して、お店にこの不便さを分かってもらって世の中を変える!」
なんていう勇気、私にはない。

だから。
 「行こう」
 「連れてってあげる」
という前に。
ちょっとだけ調べようよ、オヤジ!
オヤジはいつも安請け合いをする。
算段をするのはすべて私。
たいしたことじゃない、ただ行きたい所に電話を一本入れるだけなんだけどね?
ぜんぶ私任せだから、ほんとにもーっ!て思う。

ちなみに、今日のランチのお店は車椅子が入るのに問題はなかった。
ただ、



車椅子は、店には入れたけど、テーブルには入れなかった。
テーブルの足が邪魔で。
これも「車椅子あるある」ですな。
横づけして頂きました。

たまに勘違いしてる方がいらっしゃるんですが、私はびびりの小心者ですよ。
そんな私に励ましの1クリックをお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nekotochocolate.blog.fc2.com/tb.php/634-375f21c7