在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

新しい道具にチャレンジ、してみたものの

人間は働かなくちゃいけない。
役割とか仕事がなくちゃいけない。
だから母にもいくつか仕事を頼んでいる。
「野菜を切ること」

「洗濯物をたたむこと」。
前にも書いたとおり、野菜を切るのは上手になってきた(『片手でも料理を』)。
それに比べて、洗濯物たたみは、あんまり上達しないままだ。
タオル以外は全部私がたたみなおしてる。

そこで新しい道具を買ってみた。
「クイックプレス」。
洗濯物をキレイにたたむための道具。



薄っぺらいプラスチック板で、3か所、内側に折れるようになっている。
使い方は簡単。

1)プラスチック板の上に服を広げる
2)プラスチック板をパタパタと折る

これだけ。
3才児でもできそう。
レビューを見たら片麻痺のひとが
「右手だけでもできました!」
って書いてあって。
これならいけるんじゃないかと思った。

思ったのだけど。

そうはいかなかった。

まず、母は服を広げられなかった。
半側空間無視のせいで、左側が認識できないから。
左の袖がどこにあるか分からない。

そして、プラスチック板をどうしてもたたむことができなかった。
これはなんでかわからない。
高次脳障害としか。
たった3か所、折りたたむだけなのに。
どこを折るのか。
どちら向きにたたむのか。
1時間やっても理解できなかった。

いろんなことを覚え、理解できるようになった今でも。
こういうことが実はいっぱいある。

簡単なパズルが理解できなかったり。
毎週きてくれるヘルパーさんの名前を覚えられなかったり。
今が何月で、何時頃なのか、ぜんぜんわかってなかったり。
ごく普通に
「もうじきお正月でしょ!」
とか言うし。
相変わらずおもしろいなあって感心する。

そういうわけで残念ながら、新しい道具は母には使えそうにないので。
オヤジに使ってもらおうかな。

オヤジが逃げたので今から洗濯物をたたみなおしてきます。
応援の1クリックをお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nekotochocolate.blog.fc2.com/tb.php/628-3eb544c9