在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

ニャン生、初勝利

夜8時。
家の裏から派手なうなり声が聞こえてきた。
2匹の猫がケンカをしている。
 「フウウウウウウ!」
 「ウミャアアオオオオオ!」
あらまあ。
どこの子かしら?
・・・って。
うちの子やん!

我が家の猫たちは一応、家猫として閉じ込めている。
だけど、たま~に逃亡する。
出たいとなったら網戸を破ってでも逃亡する。

逃げたのはサンジだった。
6歳で、体が小さく(アジャリに比べて)、弱い猫。
穏やかな性格だから怒った声なんて聞いたことがなかったのに。
たまたま脱走したときに
たまたまよその猫と出くわして
ナワバリ争いになっちゃったらしい。
サンジは、生まれて初めて猫とケンカをしているのだ。

私は慌てて出ていって、うるさいからケンカはやめなさいと猫たちを諭した。
相手は近所の飼い猫だった。
私の姿をみるとびっくりして逃げてしまった。
ついでにサンジも逃げてしまった。

なかなか帰って来ないサンジを心配して
アジャリは玄関でずっとうろうろしながら待っていた。

深夜になってようやくサンジは帰宅した。
首輪を失くしているけどケガはない。
興奮しているけど怯えた様子もない。
私の腕にとびこんでくると、ご機嫌にのどを鳴らした。
ゴロゴロ。
ゴロゴロ。
ほおずりして、のどを鳴らして。
「すっごく楽しかったよ!」
と言っているのがわかった。
まるで学校のことを報告する小学生みたいに得意げな顔だった。

脱走もケンカも悪いことなんだけど。
あんまり嬉しそうなので私は叱ることができなかった。
まあ、今更叱っても理解できないだろうけど。

朝になって、サンジの首輪が見つかった。
50mほど離れた、ケンカ相手の家の前に落ちていた。
ここまで追いこんだということはケンカには勝ったんだろう。


(朝になってやっと落ち着いた)

初勝利おめでとう。
でも逃げちゃ駄目。


応援の1クリックをお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ

関連記事


スポンサードリンク

Category :  Comment: 0
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nekotochocolate.blog.fc2.com/tb.php/620-267b38d5