在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

施設入所=家族を捨てる、じゃない

こないだ『家族狩り』ってドラマをみてどんよりしてた。
認知症の父親を施設に入れようとする母にむかって、娘が言うんだ。

 「お父さんを捨てるの!?」

これ、酷いよ。
痛いよ。
そして古いよ。
原作が昔のだからしょうがないか。

施設入所=捨てる=非人道的

って発想されたら、介護してる家族みんな死ぬしかなくなるやん。
介護疲れによる心中や殺人が日常茶飯事の現代に、こんな台詞テレビで広めたらアカンやん。
うちら殺す気か。

施設に入れることは、家族を捨てることじゃない。
少なくとも私は妹を捨てたつもりはない。

このままだといつか妹を殺してしまいかねないから。
妹を保護するために入所させた。
妹と、自分自身と、家族みんなを守るために。

一方で
「介護施設に入れたら入れっぱなしで、ぜんぜん家族が面会にこなくて可哀そう」
って職員さんが嘆いてたのを聞いたことがあるけど。
罪悪感から会いにいけない、というパターンもあると思うねん。
会いにいくのが怖いねん。
ちなみにうちは面会にはいかなくて外泊させる派です。めっちゃしんどい。

ドラマは、すぐに入れる施設が見つかって、入所させようとお金を払ったら詐欺でした、というどこまでも悲しいオチがついていた。
私は松雪さんが大好きだけど、
「だめだよ娘!お母さんまかせにしたらアカン!」
と思いながら見てた。
施設見学は大事という教訓です。

(追記:妹の褥瘡はよくなってきました!
3歩進んで2歩さがるペースではありますが。
年内に治るといいな~と思ってます。
下剤による下痢は、薬じゃないとどうしても出ないと言われてまだ話し合い中w)

うっわ、重い記事を書いてしまった!
明日は楽しい文章が書けますように!
励ましの1クリックお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nekotochocolate.blog.fc2.com/tb.php/591-f3c4bdf2