在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

老犬の春

老いた犬に会った。
親戚の犬だ。

名前はあずき。
年は、いくつになるのかな。
かなりのおばあさんだ。
 「もう自分で階段をのぼれないから」
と、抱かれて昇った2階の部屋でまどろんでいた。
・・・こんにちは。ひさしぶりだね。
声をかけると目をあけた。
黒い瞳がやさしく私を見つめている。
首をのばそうとすると、まるで寒いみたいに前足が震えだした。
自分では止められない震えだった。



 「よしよしよし・・・」
飼い主のおばさんが震える犬を抱えて撫でた。
黒い頭に頬ずりをする。
声に出されない言葉がおばさんの掌から犬の背中に伝わっていく。
それは春の日ざしのように明らかで、あったかい想いだった。
愛しい、愛しい。
愛しい子。
老犬は嬉しそうに目と耳で微笑みかえした。
震えがとまり、あずきは、春の日ざしのなかで再びうとうととまどろみはじめた。



対照的な風景が頭に浮かんだ。
知り合いのお年寄りの部屋だ。
連れ合いに死なれ子は独立し、誰も帰ってこない家でひとり暮らすおばあさん。
思い出の残骸に埋め尽くされた部屋で、いつまでも仏壇に向って座っていたおばあさん。
・・・場合によっては人よりも、犬のほうが幸福だと思うのは間違っているだろうか。

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nekotochocolate.blog.fc2.com/tb.php/56-735fd508