在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

電車で京都へ!車椅子で大冒険

母は病気だ。
ぜったい病気だ。
『家の中でじっとしてられない病』だ。
今日も発作が起きてしまった。
 「そろそろ遠出がしたいな~」
どこへ行きたいの?
 「京都の水族館!」
京都かー!
電車かー!
片道2時間かー!

車椅子生活になってから初めて電車にのる。
それでいきなり片道2時間、往復4時間ってけっこう大冒険じゃないだろうか。
大阪とか宝塚のほうがずっと近いけど?
 「でも京都の水族館、まだ行ったことないんだもん、行きたいもん!」
うーん。
・・・とりあえず、行ってみよっか。

こういうとき私はあんまり考えない。
楽しいほう優先で行動あるのみ。

幸い、平日の昼間だ。
電車も大混雑ということはなかった。
母はのんきに居眠りをしていた。
JRの職員さんはみんな丁寧だった。
乗継のときも電車が遅れたときも、ちゃんと待っていてスロープを渡してくれた。
それでも慣れない電車の2時間は、私たちにとっては長かった。
京都に着いたときはもうくたくたで、改札を出てすぐのカフェに座りこんだまま、しばらく動くことができないくらい疲れていた。

コーヒーを飲んで体力を回復させたら、再出発。
京都駅から水族館までは徒歩20分。
車椅子を押して歩くと30分かかった。

・・・大丈夫?
駅でも電車でも歩きながらでも、私は何度もそう尋ねた。
しんどくなったら引き返そうね?
またいつでも来れるから。
 「大丈夫!」
母はいつもそう答えた。
 「ぜんぜん大丈夫だから!」
いや、どう見ても大丈夫じゃない。
車椅子の上半身がどんどん傾いていく。
左に45度くらい傾いて、車椅子から落ちそうなので、クッションやタオルをはさんでなんとか姿勢を保っている有様。
かなり疲れている証拠だ。
それでも引き返すことはしなかった。
 「水族館には行くから!」
母の決意は固い。
 「それで帰りに伊勢丹でお惣菜を買うからね!」
・・・はいはい。

そうして家を出てから3時間後。
 「着いたーーー!!!!」





京都の山の中につくられた小さな海に私たちは見入った。
きれいで静かで可愛らしい水族館だった。
気持ちよさそうに泳ぐ魚たちをみていると、なんだか幸せだった。

ペンギンは、ここでもぼんやりとしていた。



あ、母がなんか変なことしてる。
ペンギンの顔の前で指をくるくると回している。
・・・何してるの?
 「トンボみたいに目を回さないかと思って」



・・・めっちゃ無視されてるよ?

水族館をひととおり見たあとは、もときた道を引き返す。
母はだいぶぐったりしているように見えたけど、遅いランチとして天ぷらを食べたら、完全に復活した。
びっくりするくらい復活した。
デパ地下でお惣菜を買ってるときなんてもう、
 「これ買おう、あれも買おう」
ってウキウキしてた。
帰りは線路のトラブルで2時間半かかったのに、それでも平気だった。
むしろ

 「次にお出かけするときは、バスに乗ってみたい」

と言いだしたときは私のほうがぐったりした。
だって、
周りに気を遣ってスミマセンとアリガトウ言いまくりだったし
長時間だから床ずれ防止に必死だったし
使いにくいトイレでの介助は本当に大変だったし
往復の電車はずっと立ちっぱなしだし
車椅子を押して街中を歩くのってけっこう危ないし、

でも楽しかったから、まあいいか。


さすがにかなり疲れました・・・。
励ましの1クリックをお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nekotochocolate.blog.fc2.com/tb.php/559-9163b2a4