在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

つい怒っちゃう人、手をあげてー

先日、母が車イス友達に話しているのをたまたま聞いてしまった。
 「私なんて娘に怒られてばっかり!」
そうかー。
怒ってばっかりなのか私ー。
めっちゃ反省した。

私はこんなブログを書いてるから、温和な介護してそうに思われるかもしれないけど、実はそうでもない。
とくに妹の介護なんてヒステリー寸前といっても過言じゃない。
手をあげたことだってある。
母はもともと穏やかな性格だからケンカとまではいかない。
それでも体調の悪いときや、母があまりにも無茶を言いつづけるときは、私が一方的にイライラしてしまう。
カッとなって強い口調で言ってしまう。

どうして、わかってくれないの?
どうして、そんなこと言うの?
どうして?
どうして?
どうして?

どうしてって、そりゃ、病気だからやん!!!!

わからないのも
覚えられないのも
我慢できないのも
こちらの気持ちが想像できないのも
・・・どれひとつとして母のせいじゃない。

キツイ言葉を吐いたあと、必ずそう思い至って、しょんぼりしてしまう。
そしてむやみに優しく接してみたりする。
母はそんな私に気づいてる。

私、怒ってばっかりで怖い?
尋ねみた。
すると
 「みんなそうよ」
母はにこやかに教えてくれた。
 「デイに来るおばあちゃんたちはね、みんな言ってるよ。
 家では叱られてばっかり!って。
 デイに来ると優しくしてもらえるから嬉しいねって。
 みんなね。そういうもんよ。」
母はそっと付け加えた。
 「だから気にしなくていいのよ」

小さい頃、私は母にオムツをかえてもらい、悪さをしてはいっぱい怒られた。
今では私が母のオムツをかえ、いっぱい小言をいっている。
だからまあ。
ある程度はお互いさまっていうか。
そういうものなんかなって思うことにしてる。

24時間笑顔の介護なんてありえない。
とくに私は短気だから。
怒っちゃったらそのあとカバーする。
言い過ぎたらゴメンって言う。
それでやっていこうと思う。
もちろん、なるべく笑って日々を過ごしたいものですが。

ちなみに。
私はオヤジに対しては、母の100倍くらい小言をいいます。
介護とか認知とか関係ないわこれ。
許せ、オヤジ。

このあいだの旅行でダイエットが停滞しちゃってる私に
激励の1クリックお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nekotochocolate.blog.fc2.com/tb.php/549-a03918bc