在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

高齢者とタブレット

先日のこと。
母がお世話になる施設に電話で訊いた。
・・・ショートステイにタブレットを持っていってもいいですか?
 「え!?すみません、何をですか?」
すごい勢いで聞き返された。
読書用にタブレットを持っていきたいのだと説明したら、OKが出た。
 「タブレットをお持ちになった方はまだいらっしゃらないので、驚きました」
と言われた。

デイサービスと違ってショートは暇だ。
とくに何もやることがない。
おしゃべりできる相手が見つかればいいけど、そうでなければ、一日中ぼんやりテレビをみてるんだって母は言ってた。
退屈だからショートは嫌いなんだって。

タブレットを持ちこめたら少しは気がまぎれるだろう。
問題は、独りで使いこなせるかどうか、だ。
スタンドに立てるやり方はマスターした。
電源スイッチを見つけやすいよう目印のシールを貼った。
アプリ名もメモ書きにして貼りつけた。
職員さんの手を煩わせないよう、スイッチを入れる練習を何回も何回もくりかえした。

そして今日。
帰宅した母に、どうだった?と尋ねると。
 「たいへんだったよ!」
母は笑いながら教えてくれた。
 「おばあちゃんたちが次々に寄ってきて、
 『それ何ですねん?』ってきいてくるの。
  タブレットって言っても通じないから、本を読むんです、って答えたら
 『近頃の本はエライことになってますなー!』
  ってみんなすごい驚いてはったよ」
母は得意げだった。
無事に使えて、よかったよかった。

施設では母が最初だったけど。
これからの高齢者はタブレットを持ち込むようになると思う。
施設にもwi-fiひいてくれって言うようになると思う。

目が悪くなっても読書ができる。
遠く離れた孫と話すことができる。
同じ趣味の友達を探すことができる。
身体がわるくなっても外の世界と交流がもてる。
これからの時代は、高齢者こそ、文明の利器を使えるようになるべきだと思う。
そして高齢者が使える安全な端末ももっと開発してほしいと思う。

にほんブログ村 介護ブログへ

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nekotochocolate.blog.fc2.com/tb.php/546-a8eec47c