在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

「痛い!!!」

鯛のアラ煮をつくった。
初めてにしてはうまくでき、家族の評判も悪くなかった。
が。
 「痛い!!!」
母が大声で叫んだ。
 「骨ささったー!」
おそろしく激しくむせ始めた。
 「ゴホゴホゴホ、ゲボオッ!」
涙をながして痛がっている。
顔なんか真っ赤だった。
どうしよう!
どうしよう!
とりあえずご飯たべたらいいのかな!?
母はうなずいて白ご飯をのみこんだ。
実はこれは逆効果なのだということは後で知った。
 「まだとれない。痛い」
えっと、えっと、じゃあ、コンニャクゼリーはどうだ!?
『高齢者の方には絶対食べさせないでください
と書かれたコンニャクゼリー(でもおいしい)を一つ食べると
 「とれた!」
よかった・・・。
めっちゃ怖かった・・・。
マジでどうしようかと思った・・・。
あのまま息つまって死ぬんかと思った・・・。
ありがとうコンニャクゼリー・・・。

だがそれで終わりではなかった。
 「まだ痛いからお医者さんにいく!」
というので、耳鼻咽喉科へつれていった。
診察は丁寧だった。
胃カメラみたいなやつ(内視鏡?)を鼻から通し、喉に骨が残ってないか隅々まで調べてくれたのだ。
母はこれまた苦しがって苦しがって。
むせるわ、吐くわ、泣くわ。
車椅子からずり落ちそうになってた。
骨が刺さった時の何倍も苦しそうやった・・・。
で、
 「骨は残ってません」
ていわれて終わりだった。
・・・無意味やん、その苦しみ。
お気の毒な母でございました。


鯛のアラ煮は怖くてしばらく作れないと思う。
疲れてしまった母と私に励ましの1クリックをお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nekotochocolate.blog.fc2.com/tb.php/533-a22827dc