在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

悲劇・・・入所して褥瘡治療に失敗

お尻の褥瘡(床ずれ)が悪化した。
いや、母ではない。
母のはキレイにふさがってほぼ完治した。
ひどくなったのは、妹のほう。

去年、母が倒れた時すでに妹の褥瘡は悪くなりかけていた。
しばらくすると座っていられないくらいひどくなった。
私は忙しい中をぬって病院に連れていき、クッションを替えたり、いろんな薬を試してみたり、いろいろやった。
それでなんとか快方にむかい、妹が施設に入所するときには傷がふさがりかけていた。

妹が入所した施設には診療所がある。
皮膚科の診察も毎週、受けられる。
ありがたいと思った。
施設のお医者さんだから褥瘡治療にも詳しいみたいだった。
入所後もお尻の傷はどんどん良くなっていった。
ああよかった、入所させてよかったと、ホッとしていたのだけど。

先月、お医者さんが
 「ジェルクッションに替えれば新たな褥瘡ができないと思いますよ」
と言い出した。
それで5万円もするジェルクッションに買い替えた。
高価だけど、また褥瘡ができるよりはいいと思った。

ところがだ。
3週間おきに外泊という形で帰宅する妹が、このあいだ帰って来たときに
 「お尻が痛い」
と言い出した。
あれ?
褥瘡 治ったんじゃなかったの?
と、その時点で怪しかったのだが。
さらに3週間経って、今日はもう!
びっくりした。
明らかにあからさまに思い切り悪化しているではないか。
何だこの出血は。
痛くて痛くて座るところではない。

あかんやん!!!
ジェルクッションあかんやん!!!!
5万返せやボケ!!!(自腹で買った)

去年、私ががんばって病院に通わせ、ヘルパーさんや看護師さんたちが一生懸命に手当してくれて、やっとの思いで治してきたのに!
ここまでくるの本当に大変だったのに!
それが元の木阿弥!
めっちゃショック!

クッションを替えるまでは治っていたので、車椅子のまま放置していたとか施設の介護が悪かったせいではないと思う。
ただジェルクッションが合わなかったのかもしれない。

モンスターペアレントならぬモンスターシスターかもしれないけど。
明日は施設に「これはどういうことや!」って言いにいこうと思う。
目にみえて悪化しているのだから、あかんものはあかんって、
 「ジェルクッションはあきませんでした」
ってちゃんと報告してほしかった。
ああショックだ・・・。

凹んでる私に励ましの1クリックよろしくお願いします・・・。
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nekotochocolate.blog.fc2.com/tb.php/528-27ec390d