在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

初めてのお買いもの

朝。
出かけようとするオヤジの姿を見て思わず叫んだ。
 「穴があいとる!」
煙草の灰でもこぼしたのだろう、お気に入りのズボンに大きな穴が開いている。
それも・・・股のところに。
おっさんのズボンの股に穴。
なんという情けない眺めだろうか。
 「ええやんこれくらい」
いや、あかん!
絶対あかん!
 「新しいの買っておいで」
と財布を渡した。
だがオヤジは小さな声で
 「俺・・・買い物・・・苦手や・・・」
と呟くばかり。
甘やかされて育ったオヤジは、64年間の人生で靴下一足たりとも自分で買にいったことがない。
母親や姉さんや嫁さんや、いつも誰かが買ってきてくれたから。
服のサイズはもちろん自分の靴のサイズでさえ、ついこのあいだまで知らなかったくらいだ。
 「だから俺・・・買い物なんかでけへん・・・」
でけへんて!
情けないこと言うな!
大人やろ!
ズボンの1本くらい、そこの『はるやま』行って買っておいで!
行かないなら、その穴、アップリケでふさいでまうぞ!
リンゴがいいか?
ゾウさんがいいか?
ゾウさんくっつけて会社に行くか?

オヤジは半べそをかきながら1万円握りしめてはるやまへ行った。
そしてぜんぜん帰ってこなかった。

晩御飯のころ。
オヤジは晴れ晴れとした顔で帰宅した。
ちゃんと買えた?
 「5本買った!」
えっ。
5本?
多すぎない?
 「だって、今なら3本買ったら2本タダでついてくる、って言われてんもん」
つまり、店員さんにいいように買わされたってわけだ。
・・・まあ・・・いいけど・・・。
オヤジは得意満面だった。

『初めてのお買いもの』を頑張ったオヤジに1クリックよろしくお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nekotochocolate.blog.fc2.com/tb.php/524-e5d6fd0a