在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

「介護なんてゼッタイ無理!」

私は深夜のバイトに行っている。
新しい職場の人たちにまず訊かれたのがこの質問。
 「だださんって昼間は何をしてるんですか?」
・・・嫌だなこの質問。
と思いながらも、親の介護をしています、と答える。
反応はだいたい2通り。
 「大変ねえ」
と同情をされるか、
 「うちにもおじいちゃんがいてね」
と介護話になるか。
でも昨日、若い女の子の答えはちょっと違った。
 「えええ! 介護ですかぁ?
 えらいなー。
 私だったら絶対にできません。
 無理無理、ゼッタイ無理!」

甘いな、お嬢さん。
無理とか関係ないんだよ。
できるできないの問題じゃないよ。
介護はやらなくちゃいけなくなるものなんだよ。

うちの母も、在宅で介護するのは無理だろうと言われていた。
リハビリ病院のドクターからも療法士さんからもケースワーカーさんからも断言された。
 「無理ですよ」
って。
 「老人ホームを探しましょう」
って。
ああ無理なんだと思っていくつか申し込んだ。
1か月くらい待てば入れそうなところがあったから見学に行った。
正直、あんなところに入るくらいなら死んだほうがマシだと思った。
(探せばもっと良いところがあると知ったのは後になってからだった)
母を棄てるようなことはどうしてもできず、在宅介護に決めたのだ。

うちのオヤジも「介護なんてゼッタイ無理!」なタイプだった。
自分のこともできないのに人の面倒なんてみられないと言い切った。
 「俺には無理!」
それが今では。
ごくたまにだけどオムツ交換にトライするところまでに成長した。
人間やればできるもんだ。

他の方の介護ブログを読んでいると実にさまざまだ。
認知症の方の介護なんて本当に大変で頭が下がる。
私にはできないかも・・・って思う。
すごく不安になる。
でも。
できるできないじゃない。
やらなければいけなくなる。
嫌でもふりかかってくる。
そしていつかは、自分がしてもらう側になる。
それが介護だと思ってる。

毎日楽しいし、母はおもろいし、私はそれなりに幸せだけど。
一生、誰のオムツも替えないで終わる人もいるんだよね?
私には想像もつかない。
・・・ちょっとうらやましい。

にほんブログ村 介護ブログへ

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nekotochocolate.blog.fc2.com/tb.php/497-d6a1a63c