在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート

40代独身、介護離職してお金はないけど、車椅子の母を連れてウィーンへ行きました。
0

翼をください。

『翼をください』
という名曲がある。
私はたしか中学校で習った。
 翼
 はばたく
 自由
 空
 夢
明るい言葉が印象に残って、明るい歌だと思いこんでいた。
翼をひろげてはばたく希望の歌だと。
だけど何かがひっかかり、歌うたびに、のどが詰まった感じがしていたものだ。

昨日25年ぶりくらいで『翼をください』を歌った。
そしたら25年ぶりで気がついたのだ。
これ、ぜんぜん明るい歌じゃない!

・・・歌詞の受け取り方は人それぞれですから、以下はあくまでも私の見解です。

「翼がほしい」という「願いごと」。
それはどうあがいても自力では飛べない人の、神頼みの歌だった。
 飛ぼう
ではなく
 飛ぶぞ
でもない。
 飛べるように頑張ろう
とか
 いつか飛べる
という言葉はでてこない。
あくまでも「飛びたい」だけ。
願うだけ。
神頼み。
たぶんそれしか方法がないから。
逆にいえば、飛べないという事実を受け入れ、半ばあきらめているようにもとれる。
希望じゃなかった。
諦観だった。

「富も名声も何もいらない、ただ翼がほしい」
と祈っているのは誰だろう?
「自由な空にとんでいきたい」
と解放されることを願い歌ったのは誰だろう?
中学生の私が明るい歌だと思い込んだのは、私が健康でお気楽な子供だったからだ。
爽やかなメロディだけをきいて明るい曲だと思っていた。

昨日、私はこの歌を、妹が入所する重度の障害者施設で聞いた。
音楽療法として。
楽しい音楽として。
若い女子大生が歌の指導をしていた。
大きな声で歌っているのは、車いすで、何十年も施設で暮らす人たち。
 「この大空に飛んでいきたいよ」
と、大空どころか隣のコンビニさえ自由行くことのできない人たちが歌っていた。
妹も歌っていた。
 『翼をください』
・・・せつなすぎて、なんか申し訳なくて、泣けてきた。

かくいう私も腰痛が治らなくて不便です。
レッドブルでも飲みましょうかね。
励ましの1クリックよろしくお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ

関連記事


スポンサードリンク

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nekotochocolate.blog.fc2.com/tb.php/481-0e784532